WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

脳 お金 イメージ

AIに関連した海外メディアの報道 2017年11月第五週

2017.11.30

Updated by Wataru Nakamura on 11月 30, 2017, 11:16 am JST

AI関連企業の総収入は2024年までに30億ドル規模に【Economic Times】
アヴェンダス・キャピタルの新たなレポートによれば、AI分野が成長するなかで関連企業の収入は伸び続け、2024年までにAI関連企業の総収入は30億ドルにまで拡大すると予想されている。特に成長著しいのがディープラーニング分野で、AI企業の収入の大部分を占めることになるという。

原文:Artificial intelligence companies' revenue to hit USD 3 bn by 2024: Report

AI人材の給与水準や積極採用を進める企業とは【CNBC】
人材サイトのグラスドールによれば、AI関連職種の平均年収は11万1118ドル(米国)で、米国のフルタイムワーカーの年収中央値の2倍以上になるという。AI関連人材を採用を積極的に進めている企業では、アマゾン、エヌビディア、マイクロソフト、IBM、アクセンチュア、フェイスブック、インテル、サムスン、レノボ、アドビーなどが上位に挙がっている。

原文:The average AI job commands six figures—here are the top 15 companies hiring talent right now

AIによって生まれている新たな仕事【Quartz】
AIが人々の仕事を奪うことで、失業者の増加につながるという懸念もあるが、グラスドール・エコノミック・リサーチ(労働市場に関する分析を行っているウェブサイト)の最新調査によれば、すでにAI関連ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、AI分野のプロジェクトマネージャー、ボット向けのコピーライター、AIスピーカー向けUXデザイナーなど新たな仕事も生まれているという。

原文:These are the jobs already being created by the artificial intelligence boom

中国AIベンチャーのフェイスタイム、IPOと米国でのR&Dセンター設立を計画【Firstpost】
20億ドル以上の評価額がついている中国AIベンチャーのセンスタイムが、IPOと米国での研究開発センター設立を目指している。IPOに関しては現時点では具体的な時期は示されていないものの、R&Dの設立については、早ければ来年上旬になる可能性があるという。

原文:Chinese AI start-up SenseTime Group planning an IPO and US R&D center

UBSグループ、AI関連人材の採用を拡大【The National】
スイスのUBSグループが、データサイエンティストやデータアーキテクト、ビジネスアナリストなどのAIに関連する人材の採用を拡大している。UBSでは昨年、顧客のポートフォリオ作成・管理を手助けするアルゴリズムを活用したロボットアドバイザーを導入していた。

原文:Switzerland's UBS looks to increase size of Artificial Intelligence workforce

「AIは人類の友人ではない」ヒラリー・クリントンがAIの将来に懸念を表明【Business Insider】
ヒラリー・クリントン氏が先ごろのインタビューのなかでAIの将来に対する懸念を表明。自動運転などのAI技術が多数の人々の仕事を奪うことになり、「こういったAIの日常への登場に人々の準備ができていない」とした。

原文:'Artificial intelligence is not our friend:' Hillary Clinton is worried about the future of technology

ドローンが撮影した動画の分析におけるAIの可能性【Wired】
米軍が監視用ドローンで撮影している動画の大部分は現在、人手不足により十分なチェック・分析が受けられていない。こういった大量の動画を自動で分析するAIを開発できれば、このような動画を有効活用できる大きなメリットがある。

原文:THE MILITARY SHOULD TEACH AI TO WATCH DRONE FOOTAGE

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら