WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

地球儀 ネットワーク AI イメージ

グーグル、アフリカ初のAI研究拠点をガーナに開設へ ほか

AI News June 4th week,2018

2018.06.29

Updated by Wataru Nakamura on June 29, 2018, 07:00 am JST

グーグル、アフリカ初のAI研究拠点をガーナに開設へ【Venture Beat】
グーグルは6月13日、新たなAI研究センターを年内にガーナのアクラに開設することを発表。同社にとっては米国のマウンテンビュー、中国、フランスに続くAI研究拠点となる予定で、アフリカ大陸におけるAI利用の可能性を現地の大学や研究機関、政策決定機関などと協力して探っていく。

原文:Google will open an AI center in Ghana later this year, its first in Africa

マイクロソフト、AIベンチャーのBonsaiを買収【Tech Crunch】
マイクロソフトが、カリフォルニア州バークレー発のAIベンチャーのBonsaiを買収すると発表。強化学習を専門とするBonsaiの技術は、マイクロソフトの「Azure」クラウドプラットフォームに活用される見込み。

原文:Microsoft is buying AI startup, Bonsai

サムスン、アーリーステージのAI投資のため、新たなファンドをスタート【Tech Crunch】
サムスン傘下のテックVCであるサムスン・ネクストは、シードラウンド/シリーズAラウンドのAIベンチャーに投資をする新ファンド「Q Fund」をスタート。特に「シミュレーションによる学習」、「シーンの理解(scene understanding)」、「問題に基づく学習プログラム」、「ヒューマン・コンピューター・インタラクション」といった分野への投資を目指す。

原文:Samsung launches new fund for early-stage AI investments

ペイパル、AIベースの詐欺防止・リスク管理技術のSimilityを1億2000万ドルで買収【Reuters】
決済プロバイダーのペイパルは米国時間6月21日、詐欺防止技術を開発するシミリティ(Simility)を1億2000万ドルで買収すると発表。シミリティはオンライン小売業者向けに詐欺を発見し、リスク管理能力を向上させる機械学習技術を販売している。ペイパルは買収後、シミリティのサービスを自社の顧客向けに提供する見込みだ。

原文:PayPal to acquire fraud prevention company Simility for $120 million

AIと機械学習、ビッグデータをフル活用するUPS【Forbes】
国際物流大手のUPSには、多くのAI技術が導入されている。顧客の質問に答えたり、送料の提示や荷物の追跡を行うチャットボット「UPS Bot」、顧客が配送の時間や方法・場所などを指定できる「UPS My Choice」システム、配送ルートを最適化する「ORION(On-road Integrated Optimization and Navigation)」、リアルタイムデータで従業員の意思決定をサポートする「EDGE(Enhanced Dynamic Global Extecution)」などだ。

原文:The Brilliant Ways UPS Uses Artificial Intelligence, Machine Learning And Big Data

多額の企業資金を動かす資金管理部門へのAI導入を目指すJPモルガン【CNBC】
JPモルガンは、法人顧客の質問に答えたり、そのニーズを予想する新たなAIアシスタントの導入準備を進めている。このAIアシスタントは、ハネウェル・インターナショナルやファイスブックなどの企業を顧客に毎日平均5兆円もの資金を扱っている同社の資金管理部門向けに開発されているもので、すでに一部顧客に向けて試験的に公開されているという。

原文:JP Morgan is unleashing artificial intelligence on a business that moves $5 trillion for corporations every day

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら