WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

AI搭載ロボット「Cimon」が国際宇宙ステーションへ ほか

AI News July 2nd week,2018

2018.07.11

Updated by Wataru Nakamura on July 11, 2018, 16:44 pm UTC

フェイスブック、英AIベンチャーのBloomsbury AIを買収 - フェイクニュース対策に活用へ【Business Insider】
フェイスブックがロンドンを本拠地とするAIベンチャーのブルームズバリAI(Bloomsbury AI)の買収で合意に近づいているとTech Crunchが報道。買収額は2300万〜3000万ドルになる見込みで、同社の技術はフェイクニュース対策に役立てる狙いだ。自然言語処理技術を開発するブルームズバリは、様々な文書を読み込み、その内容についての質問に答える「Cape」と呼ばれるAIを開発している。

原文:Facebook is reportedly close to buying a British AI startup to help it shut down fake news

バイドゥ、初のAIチップ「Kunlun」を開発【ZDNet】
中国検索大手のバイドゥは先ごろ、AI関連処理に特化した新たなプロセッサ「Kunlun」を発表。Kunlunには訓練チップ「818-300」と推論チップ「818-100」が含まれており、データセンターおよびエッジワークロードの処理に利用できるという。

原文:Baidu creates Kunlun silicon for AI

AI搭載ロボット「Cimon」が国際宇宙ステーションへ【Space.com】
米国時間6月29日、アシスタントAIロボット「Cimon」がスペースXの貨物宇宙船「ドラゴン」に乗せられてISS(国際宇宙ステーション)に打ち上げられた。このAIアシスタントはエアバスとIBMが共同開発したもので、ISSの内部を飛び回って宇宙飛行士の日常業務をサポートする。

原文:Meet CIMON, the 1st Robot with Artificial Intelligence to Fly in Space

オラクル、AI専門家に最高で6億円相当の報酬パッケージを提示【Business Insider】
シリコンバレーでのAI人材獲得競争が激化するなか、オラクルが少なくとも1つのAI関連ポジションに給与とストックオプションを合わせて6億ドルの報酬パッケージを提示した。米国では昨年10月、AI分野の博士人材の平均的な年俸が30万〜50万ドルに高騰しているとNYTimesが報じていた。

原文:Oracle recently offered an artificial intelligent expert as much as $6 million in total pay as Silicon Valley's talent war heats up

グーグル「Duplex」でコールセンター業界に殴り込み【Quartz】
今年5月に発表され、人間そっくりの自然な会話ができるとして話題になったグーグルの会話AI「Duplex」だが、同社がこの技術をコールセンター向けのツールとして活用しようとしているという情報筋の話をThe Infomationが報道。すでに大手保険会社などがテストの初期段階にあるという。

原文:Google's Duplex AI could kill the call center

複数の楽器を聞き分けるMITの新たなAI【Engadget】
MITのコンピュータ科学・人工知能研究所(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory、CSAIL)が開発したAI「PixelPlayer」は、動画内の複数の楽器を認識し、選択することでその楽器の音のみを切り離して再生できるというもの。将来的に環境音・機械音・楽器の音などを聞き分けるロボットやオーディオ編集ツールなどへの活用が期待されている。

原文:MIT's music AI can identify instruments and isolate their sounds

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら