WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

中国 上海 ビルディング 密集 イメージ

バイドゥのAIアシスタント「DuerOS」の搭載端末数が1億台を突破 ほか

AI News August 3rd week,2018

2018.08.17

Updated by Wataru Nakamura on August 17, 2018, 13:24 pm UTC

インテル、2017年のAIチップ売上は10億ドル【Reuters】
インテルは8月8日、エヌビディアなどと競合する自社のAIチップについて、2017年の売上が10億ドルに上ったというデータを明らかにした。同社のデータセンター部門を率いるナーヴィン・シェノイ氏によれば、同社のCPUのAIトレーニングにおける性能は過去数年で200倍以上に向上しており、これが売上拡大につながっているという。

原文:Intel sold $1 billion of artificial intelligence chips in 2017

サムスン、AIや5G、自動車部品分野に200億ドルを投資へ【The Verge】
サムスンがAIや5G、自動車部品などの成長分野に今後3年でおよそ200億ドルを投資するという話をCNBCが報道。これらを含め、同社が今後3年でコンポーネント研究や設備投資に費やす投資総額は1610億ドルになる。また、同社はAI研究者1000人を含む4万人を新たに雇用することも明かしている。

原文:Samsung will invest $20 billion in AI, 5G, and auto components

SenseTime、中国動画テック企業に出資【Tech Crunch】
中国で最も時価総額が高いAI企業であるセンスタイム(SenseTime)が、オンライン動画サービス関連技術を開発する北京のムーヴィーブック(Moviebook)に出資。ムーヴィーブックが1億9900万ドルを調達するシリーズDラウンドのリードインベスターとなり、エンターテイメント分野などにおけるAI活用を見据えた協力を進めていく。

原文:AI giant SenseTime leads $199M investment in Chinese video tech startup

バイドゥのAIアシスタント「DuerOS」の搭載端末数が1億台を突破【Venture Beat】
バイドゥは8月7日、同社のAIアシスタント「DuerOS」を搭載する端末数が、インストールベースで1億台を突破したことを発表。DuerOSについてはすでに200社以上がバイドゥとパートナーシップを結んでおり、このAIアシスタントに対応する端末数は110種類を超えている。

原文:Baidu's DuerOS AI assistant is now installed on 100 million devices

サムスン、AIアシスタント「Bixby」に対応するスマートスピーカー「Galaxy Home」を発表【Venture Beat】
サムスンは8月9日、自社のAIアシスタント「Bixby」に対応する初のスマートスピーカー「Galaxy Home」を発表。このスマートスピーカーは300ドルで発売されると伝えられており、ハイエンド・スマートスピーカーとしてアップルの「HomePod」(329ドル)などと競合すると見られている。

原文:Samsung unveils Galaxy Home smart speaker with Bixby

AIチップベンチャーのCerebras Systems、インテルの元幹部を採用【Tech Crunch】
次世代の機械学習向けチップの開発を目指すスタートアップのセレブラス・システムズ(Cerebras Systems)が先ごろ、エンジニアリングおよび事業開発部門のVPにディラジ・マリック氏を採用。マリック氏は最近までインテルのデータセンター部門のアーキテクチャー担当VPおよびCTOを務めていたほか、過去にはAMDやシーマイクロなどの幹部も務めていたという。

原文:AI Chip startup Cerebras Systems picks up a former Intel top exec

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら