WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

中国 セキュリティー 監視 イメージ

AI開発の安全保護のための米企業連合、バイドゥが中国企業として初のメンバーに ほか

AI News October 4th week,2018

2018.10.24

Updated by Wataru Nakamura on October 24, 2018, 16:00 pm UTC

AI開発の安全保護のための米企業連合、バイドゥが中国企業として初のメンバーに【The Verge】
AI開発の安全保護のための米企業連合「The Partnership on AI(PAI)」は、中国検索大手のバイドゥを中国企業として初のメンバーに迎えることを発表。AI技術のベストプラクティス考案のために2016年に立ち上げられたPAIにはグーグルやアマゾン、フェイスブック、マイクロソフトなどが参加しており、国連やヒューマン・ライツ・ウォッチなどと協力している。

原文:US consortium for safe AI development welcomes Baidu as first Chinese member

アリババが支援する香港のAI研究所、新たなアクセラレータプログラムが始動【South China Morning Post】
中国Eコマース大手のアリババグループや香港AIベンチャーのセンスタイムが支援する香港のAI&データ研究所が現地時間18日、同研究所のアクセラレータプログラムに参加する7社のスタートアップを発表。このプログラムでは、参加する各社に10万ドルのシード資金のほか、オフィススペースやアリババやセンスタイムのAIリソース、アリババクラウドのコンピューティングサービスなどを提供するという。

原文:Alibaba-backed Hong Kong AI lab names first batch of start-ups for funding

サムスン、7番目のAIセンターをモントリオールにオープン【ZDNet】
サムスンが同社として7番目のAI研究拠点をカナダのモントリオールに開設。北米ではシリコンバレー、ニューヨーク、トロントに続く同社として4番目のAI研究拠点となり、機械学習や自然言語処理、コンピュータービジョン、マルチモーダル対話などの分野にフォーカスした研究を行う。

原文:​Samsung opens seventh AI centre in Montreal

サムスン、5G配備促進にAI/ネットワーク分析ベンチャーのZhilabsを買収 【Fierece Telecom】
サムスンは韓国時間10月17日、リアルタイムのネットワーク分析技術を開発するスペインのジーラブズ(Zhilabs)の買収で合意したことを発表。2008年に創業されたジーラブズはHPやボーダフォン、テレフォニカなどの企業を顧客に持ち、ネットワークパフォーマンスをリアルタイムで分析・テストし、AIによって問題を発見・修正するソリューションを提供している。サムスンは同社の技術を5Gネットワークへの移行促進に活用したい狙いだ。

原文:Samsung acquires network analytics startup Zhilabs to help its transition to 5G

H&M、AIを活用したメンズウェアベンチャーのThreadに1300万ドルを投資【Retail Drive】
大手ファッションブランドのH&Mは、傘下のVCであるH&M CO:LABを通じて、パーソナライズしたメンズウェアスタイリングに特化したEコマースベンチャーのスレッド(Thread)に1300万ドルを投資。スレッドはAIと人間のスタイリストを活用した顧客向けのレコメンデーションシステムを開発しており、これまでに4000万ドルの資金を調達している。

原文:H&M invests $13M in AI-driven menswear startup Thread

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら