WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

休日 家族 団らん イメージ

週休3日は従業員の生産性やQOLの向上に効果 ほか

Workstyle News August 2nd week,2019

2019.08.21

Updated by Wataru Nakamura on August 21, 2019, 07:00 am JST

現代人の働き方を変える101の人物・アイディア・物事【BBC】
BBCが現代人の働き方に関する特集「Worklife 101」の中で、現代の働き方・生き方を再定義する101のキーワードをピックアップ。日本の「過労死」から中国テック業界の労働慣習である「996」、早期退職を目指す新たなムーブメント「FIRE運動」、韓国社会の世代間の緊張を体現するスラングの「Kkondae(老人、既成世代の意)」、自動運転車やスマートシティにかかわる「5G」、南米で画期的オンライン学習プラットフォームを立ち上げた「フレディ・ベガ」、エストニアの電子国民制度「e-Residency」まで、働き方に関わる世界各国のキーワードや最先端の概念が解説されている。

原文:The 101 people, ideas and things changing how we work today

米民主党大統領候補のピート・ブーテジェッジ氏が政策に掲げるギグ・エコノミー労働者の権利拡大【Business Insider 7/26】
2020年の米大統領選に民主党から出馬を表明しているピート・ブーテジェッジ氏は現地時間7月26日、国内の労働者保護を拡大する新たな計画を発表。大統領選に勝利した場合、UberやLyftのドライバーなどギグ・エコノミー(インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態)の労働者に労働組合の結成を認めたり、マクドナルドやグーグルのような企業の契約労働者の権利をさらに拡大するような施策を打つとしている。

原文:Pete Buttigieg just called out Uber and McDonald's for their treatment of workers — and said beefing up unions is the best way to protect them

米国のリモートワーカー数、2005年から159%増加(FlexJobs調査)【Tech Republic 7/30】
米求人サイト「FlexJobs」とGlobal Work Analyticsが先ごろリリースした新たなレポートによれば、リモートワークに従事している米国人の数は2005年から2017年の間で159%増加したという。このレポートでは、リモートワーカーを「少なくとも労働時間の半分を在宅勤務する自営業でない人々」と定義した上で、米国における現在のリモートワーカー数を470万人としている。

原文:Why remote work has grown by 159% since 2005

英ビジネススクール研究「週休3日は従業員の生産性やQOLの向上に効果」【Independent 8/8】
英ヘンリー・ビジネス・スクールは新たな研究「Four Better or Four Worse」の中で、企業の週休3日制度のトレンドを調査。この結果、週休3日制度を取り入れた企業の64%で従業員の労働生産性の向上が見られたほか、QOLの上昇(78%)、ストレスの減少(70%)といった効果が見られたという。

原文:FOUR-DAY WORKING WEEK COULD BOOST PRODUCTIVITY AND LEAD TO A CLEANER ENVIRONMENT, STUDY SUGGESTS

米国人のほとんどがバケーション中にも仕事の状況やEメールをチェック(LinkedIn調査)【CBS News 7/10】
米LinkedInの新たな調査によれば、米国で知的職業に従事する労働者の59%がバケーション中でも仕事の連絡を取ったり、Eメールをチェックしたりしているという。この傾向は特に1990年代半ば〜2000年代半ば生まれのジェネレーションZで強く、同世代ではバケーション中にも積極的に仕事をする労働者の割合が86%に上ったという。

原文:Most Americans check in at work even while on vacation, LinkedIn survey shows

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら