WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

クリスマス 有権者 憂鬱 イメージ

英のクリスマス直前解散総選挙に有権者はイライラ

UK's pre-Christmas showdown

2019.10.31

Updated by Mayumi Tanimoto on October 31, 2019, 13:12 pm UTC

Brexitがまたも延長され、イギリスは12月のクリスマス直前に解散総選挙を行うという前代未聞の状況です。

通常、イギリス始め欧州というのは12月の1週目くらいからクリスマス・モードに入り、早い人は2週目から年明けまで休みに入ってしまいます。重大なビジネス決定や打ち合わせというのは年明けにすることが多いので、こんな時期に選挙をやるというのは相当な大事件です。

紛糾する議会を何とかするのには総選挙以外ない、という状況になってしまっているわけですが、そこまでしなければならない今のこの状況をイギリスの有権者はどう見ているのでしょうか。

これは、統計上に現れるポンドの為替相場や経済データではなかなか掴みきれないところでありますが、ロンドンやその郊外だけでなく北部の方に行きますと、その空気感というものが強く伝わってきます。

先日、義父の遺品の整理のために家人の実家がある北部の炭鉱地帯に行って来たばかりですが、有権者のイラつきというものがスーパーに並ぶタブロイド紙の見出しからも伝わってきました。Brexitをまとめられない国会や邪魔をする人々に激怒しています。

そして、何よりその不安感を感じたのが、スーパーで激安商品がどんどん増えているということです。

例えば、大手のスーパーのテスコでは、冷凍食品コーナーになんと1人分60ペンス(90円ぐらい)のパスタやパイが登場していました。

ここまで安い値段のものは今まで見たことがないのですが、登場したのはつい最近。そして以前はあったシェフとのコラボ商品は、棚からすっかり消えてしまいました。

パンは、日本の基準で4斤分が30ペンス! 日本円だと 40円! ここまで安いのは今まで見かけませんでしたし、今年の夏にもありませんでした。

テスコは「中の中」から「中の下」くらいの階層が行くスーパーですが、イギリスはこの層が一番厚いのです。北部では最大手のスーパーです。

中の中から上の人々が行くセインズベリーというスーパーは、ここまで安くありませんが、最近は500グラム20ペンスというパスタが登場していて、すぐに売れてしまいいつも棚にありません。3キロ入り440円というスパゲティも登場しました。500グラム74円です。前はさすがにここまで安いのはありませんでした。

激安商品が最近になってどんどん増えているその一方で、高級志向のスーパーであるウェイトローズは最近非常に経営が苦しく、お客がより安いスーパーに流れています。商品が売れていないのか、賞味期限近い商品がぐんと増えましたし、有名人とのコラボ商品も消滅、1人前1000円ぐらいのパイやグラタンは売れないので賞味期限直前で割引になっているのも見かけます。

北部もそうだし、比較的裕福な人が多いはずのロンドンや郊外も同じです。Brexitの影響がほぼ無縁なはずの人でも、食料品ですら買い控えしているのを感じます。

今年は、ハロウィンの仮装やお菓子も例年に比べるとかなり地味で、あまり種類がありません。

あまりに長引き先が見えないBrexitや混乱する国会のおかげで、先々を不安に感じている消費者がかなりいるのでしょう。

特に、私が訪問して来た北部は、日産自動車など日本企業や海外企業に雇用を頼る人がかなりいます。

炭鉱や重工業が30年近く前に潰れてしまった地元にはそもそも産業がありませんので、Brexitで企業が撤退する場合は相当数の失業が出ることになります。

この地域は、不動産価格がロンドンに比べるとかなり安く、大雑把に見て5分の1程度です。

しかし、イギリス全体で不動産価格が上がっていたここ20年の間、この地域はほとんど上がらなかったので、自宅を売って仕事がある南部に転居するというのも不可能です。南部の方は20年で不動産価格が2倍から3倍になった人もいましたので、南北の人々の間で資産に大きな差がついてしまいました。例えば、20年前に2000万円で買った家が、ロンドン郊外なら6000万円になったのに北部だと2400万円。資産差は3600万円です。

さらに、そもそもお金がたくさんあり仕事も多い南部には製造業の仕事がないのです。失業するかもしれない、家も売れない、というのは相当なストレスで、買い控えが進むのも無理がありません。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)

NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。

RELATED TAG