WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ワークスタイル オフィス 人々 イメージ

Glassdoor、2020年版「働きやすい企業ランキング100」を発表 ほか

Workstyle News January 2nd week,2020

2020.01.17

Updated by Wataru Nakamura on January 17, 2020, 16:00 pm JST

UberとPostmates、ギグ・エコノミー関連法案をめぐってカリフォルニア州を提訴【CNN 12/31】
米配車サービスのウーバー(Uber)とフードデリバリー企業のポストメイツ(Postmates)は現地時間2019年12月30日、ギグ・エコノミー労働者を独立契約者ではなく従来の労働者と同じように扱うことを義務付ける法案「Assembly Bill 5(AB5)」をめぐってカリフォルニア州を提訴。2020年から施行予定となっている「AB5」について、米国およびカリフォルニア州の憲法の複数の条項に違反すると主張している。

原文:Uber and Postmates sue California to block gig economy law

Glassdoor、2020年版「働きやすい企業ランキング100」を発表【CNBC 12/11】
リクルート傘下の人材関連企業のグラスドール(Glassdoor)は先ごろ、毎年恒例の「働きやすい企業ランキング100」を発表。同社の求人サイト上の5500万件以上の企業レビュー情報に基づく同ランキングでは、米マーケティング管理ソフトウェア企業のハブスポット(HubSpot)が首位に選ばれた。無制限の休暇や有給の家族休暇、充実した健康保険や福利厚生、勤続5年で与えられるボーナスと4週間のサバティカル休暇といった制度が従業員に評価された。

原文:These are the best places to work in 2020, according to employee reviews

グーグルとフェイスブック、「働きやすい企業ランキング」のトップ10陥落の理由【Fortune 12/11】
グラスドール(Glassdoor)の「働きやすい企業ランキング」でトップ10の常連であったグーグルとフェイスブックは今年、前者が11位、後者が23位でいずれも過去最も低い順位に格付けされた。グーグルではこのところ、労働組合結成を阻む脅迫的な手法が問題視されており、フェイスブックは「政治広告のファクトチェックをしない」といった複数の方針が従業員の反発を呼んでいる。

原文:Why Facebook and Google Dropped Out of the Top 10 in Glassdoor’s Best Places to Work List

米ハンバーガーチェーンのShake Shack、週休3日制を拡大【The Motley Fool 12/10】
米ハンバーガーチェーンのシェイクシャック(Shake Shack)のランディ・ガルッティCEOは2019年11月、同社のマネージャー向けの週休3日プログラムの拡大を発表。今回の拡大でこのプログラムは同チェーンの3分の1の店舗で提供されることになるという。この制度は従業員の獲得や引き止めを目的にしたもので、週あたり40時間という労働時間自体は変わらないものの、これまでのところ従業員からの反応は上々だという。

原文:Shake Shack is Shaking Up the Work Week

エリザベス・ウォーレン上院議員、ギグワーカーによる労組結成を可能にする法案を作成か【Fast Company 12/3】
2020年米大統領選の民主党候補指名を目指すエリザベス・ウォーレン上院議員が、ギグワーカーによる労働組合の結成を可能にする法案を作成しているという話をCNBCが報道。デビッド・シシリーニ下院議員との協力で作成されているこの法案には、一定の売上高を超える大企業同士の超大型合併を禁止する内容も盛り込まれているという。

原文:Elizabeth Warren is reportedly drafting legislation to allow gig workers to unionize

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら