WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

乳幼児 授乳 哺乳瓶 イメージ

BIOMILQ、人間の母乳の主成分の人工培養に成功 ほか

Food technology News February 3rd week,2020

2020.02.19

Updated by Wataru Nakamura on February 19, 2020, 16:04 pm JST

Crisp、食品業界向けの需要予測プラットフォームをリリース【Tech Crunch 1/23】
食品需要の予測によって世界の食品廃棄問題の解決を目指す米クリスプ(Crisp)は現地時間1月23日、食品メーカーから小売店、卸売業者まで食品業界のサプライチェーンのあらゆる事業者が利用できる需要予測プラットフォームをリリース。このプラットフォームは各社のERPソフトウェアから過去の販売データを取り込み、季節性、休暇、価格敏感性やその他の価格情報、マーケティング施策、市場の状況など需要を左右する要素と組み合わせてより正確な需要予測を可能にするものだ。

原文:Crisp, the demand forecast platform for the food industry, goes live

細胞培養肉スタートアップのMemphis Meats、米国に実証プラントを建設へ【Quartz 1/22】
カリフォルニア発の細胞培養肉スタートアップであるメンフィス・ミーツ(Memphis Meats)は現地時間1月22日、シリーズBラウンドで1億6100万ドルの資金を調達。新たな資金は主にベイエリアの実証プラントの建設に費やされるという。細胞培養肉の実証プラントの建設計画を発表した企業は、イスラエルのフューチャー・ミート・テクノロジーズ(Future Meat Technologies)に続いてメンフィス・ミーツが2社目となっている。

原文:A startup says it’s building a US pilot plant for cell-based meat

シンガポールのTurtle Tree Labs、2021年までに人工の母乳を発売へ【Green Queen 2/4】
細胞培養技術による牛乳の開発を進めるシンガポールスタートアップのタートルツリー・ラボ(TurtleTree Labs)は、2021年までに人間のボランティアの幹細胞を使った人工母乳を発売することを予定している。同社の研究チームによれば、この人工母乳は1リットルあたり26ドルという価格で提供できる見込みだという。

原文:Singapore’s TurtleTree Labs Is Launching Lab-Grown Breast Milk By 2021

BIOMILQ、人間の母乳の主成分の人工培養に成功【THe Spoon 2/6】
バイオミルク(BIOMILQ)という新たなスタートアップが米国時間2月6日、母乳の主要成分であるカゼインとラクトースを人工的に作り出すことに成功したと発表。米大手食品会社のゼネラル・ミルズ(General Mills)のR&D部門出身のミシェル・エッガー氏と細胞生物学者のレイラ・ストリックランド氏が昨年創業したバイオミルクは、タートルツリー・ラボと同様に人工母乳の開発に取り組んでいる。

原文:BIOMILQ Has Grown The Main Components of Human Breastmilk in a Lab

インドのフードデリバリー市場、2022年末までに80億ドル規模に【Bloomberg Quint 1/28】
グーグルとボストン・コンサルティング・グループは先ごろ、インドのフードデリバリー市場に関する新たなレポートをリリース。現在40億ドル規模の同市場が今後年平均成長率(CAGR)25〜30%で成長し、2022年末には75億〜80億ドル規模になると予想している。同レポートによれば、過去5年でインドのフードデリバリー業界への投資は35倍に増加したという。

原文:India’s Food-Tech Industry To Hit $8 Billion By 2022-End: Google-BCG Report

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら