WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ラック

【ジャパンセキュリティサミット2020】5Gサービスが始まった今、求められる5Gセキュリティとは  ―ラック―

2020.09.01

Updated by on September 1, 2020, 15:00 pm JST

5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスが国内でも2020年3月に始まった。それに先立ち、米国、韓国、中国、欧州などで5Gサービスの提供が進み、5G時代がグローバルで幕開けを迎えた。超高速、低遅延、同時多数接続といった5Gならではのメリットを享受した新しいソリューションの萌芽に期待が寄せられている。

一方で、5Gについてはセキュリティ面での課題も取り沙汰されている。諸外国では5G設備に関する安全保障の課題が話題に上る。さらに、5Gを活用することで生み出される新しいソリューションやそれを支える新しい情報システムに対するセキュリティリスクに取り組む必要もある。場所を問わずにワイヤレスネットワークを活用したソリューションが利用できるというメリットの裏側には、悪意を持った攻撃者も利用者と同様にメリットを享受して5Gならではの攻撃を仕掛けてくる可能性は高い。

このように5Gの普及が進んでいくと、企業のサイバーセキュリティ対策としては、未知の脅威に対する被害が発生した場合に、その拡大防止、正常な状態への復旧、再発の防止などのインシデントレスポンスの能力がこれまで以上に重要になる。ラックでは、セキュリティ対策の新しいマネージドサービスとして「マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス(以下 MDR)」を提供している。従来のセキュリティサービスが、主に防衛や防御に軸足をおいているのに対して、MDRでは発生するセキュリティインシデントに対してDetection(検知・検出)だけでなく、Response(対応・回復)までをサービスの提供範囲としているのが特徴である。

セキュリティ関連のオンラインイベントである「ジャパンセキュリティサミット2020」のラックのオンラインセミナーでは、5Gの導入により現実社会がどのように変化していくのかを予測し、5Gに必要なセキュリティを考察する。5Gセキュリティに必要となる全般的な取り組みを考え、具体的にどのような対策が必要かを見極め、ラックのMDRやペネトレーションテストなどが提供するサービスにより5Gセキュリティの対策が実現できるかを解説する。エンタープライズ企業、製造業、金融機関などの担当者に参考になるセミナーになるだろう。

 

参加申込(無料)

講演詳細<参加費無料>

講演タイトル:『5Gによる現実社会とデジタルの融合 今求められる5Gセキュリティとは』
講演団体:株式会社ラック
登壇者:株式会社ラック セキュリティソリューション企画開発部 担当部長 安田 良明(やすだ よしあき)氏

日 程:2020年 9月4日(金曜日)10:00〜10:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月4日の10:00までとさせていただきます
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込(無料)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら