WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

【ジャパンセキュリティサミット2020】社外も社内も危険だらけなリモートワーク時代のネットワークセキュリティを考える――テクマトリックス

2020.08.28

Updated by on August 28, 2020, 15:00 pm JST

「社内は安全」「社外は危険」。ネットワークセキュリティを考えるとき、これまでは社内と社外の境界で守りを固めるセキュリティ対策が中心だった。リモートワークのアクセス制御を実現する製品として現在でも主流で使われている、VPN(仮想閉域網)製品も、こうした考え方に基づいたもの。しかしVPNは20年前のセキュリティ思想に基づいた製品であり、現在では脆弱点となっている。さらに、テレワーク/リモートワークやクラウド化の進展により、企業ネットワークの「内部」と「外部」という概念自体が成立しなくなってきている。

従来の境界型防御という概念で守りの基本となる「境界の内部」には、すでに人もデータもなくなってしまった。この考え方では保護ができなくなってきたのだ。こうした状況に対応するために、ゼロトラストネットワークという新しい概念が導入されている。リモートワークやクラウド化によって、人もデータも点在するようになった新たな企業のネットワークを、「すべてが信頼できない(ゼロトラスト)」ことを前提にして守るものだ。

こうした環境変化により、リモートワークでも、クラウドでも制御することができるアクセスプラットフォームとして、ゼロトラストネの考えに対応した認証基盤の必要性が高まっている。テクマトリックスでは、こうした認証基盤として「AppGateSDP」を提供する。セキュリティ関連のオンラインイベント「ジャパンセキュリティサミット2020」のテクマトリックスのオンラインセミナーでは、AppGateSDPの考え方や実現するソリューション、導入企業の実例などを通して、ゼロトラストネットワークの有用性を解説する。

今後さらにリモートワークやクラウド化が進んでいく中で、デバイスや人が“企業ネットワーク”から離れていき、セキュリティを担保するための管理が難しくなっていく。社内を信頼するという考え方から離れて、ゼロトラストの考え方を導入したアクセスプラットフォームは、今後のネットワークセキュリティのあり方を検討する上で重要な選択肢となることが、オンラインセミナーを通じて理解していただけるだろう。

参加申込(無料)

講演詳細<参加費無料>

講演タイトル:リモートワーク・クラウドに対応する次世代アクセスプラットフォームAppGateSDPのご紹介
講演団体:テクマトリックス株式会社
登壇者:テクマトリックス株式会社 インテグレーション営業課 主任 吉澤 崇(よしざわ たかし)氏

日 程:2020年 9月3日(木曜)14:00〜14:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月3日の14:00までとさせていただきます

主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込(無料)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG