WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ユビキタスAIコーポレーション

【ジャパンセキュリティサミット2020】IoT機器のライフサイクルを通じたセキュリティ確保の実現手法とは—ユビキタスAIコーポレーション—

2020.09.04

Updated by on September 4, 2020, 18:11 pm JST

運用中に絶えず新しいセキュリティリスクにさらされるIoT機器では、開発から廃棄までのライフサイクルを通じてセキュリティ対策が不可欠になる

IoT機器にはライフサイクルマネジメントが重要だと言われる。それはなぜだろうか。その最大の理由は、IoT機器などの組込み機器がその性質から長期間の使用が要求されること。長期間の運用中に、絶えず新しいセキュリティリスクにさらされるためである。すなわち、IoT機器の開発から廃棄までのライフサイクルを通じてセキュリティ対策が不可欠になる。

こうしたIoT機器のセキュリティ対策を考えなければならない業種が、急拡大していることもある。近年急速にOT(Operational Technology:運用技術)分野でのIoT化(IIoT)が進む産業分野や、ユーザーにとって安全・安心なサービスが求められるスマートホーム分野などでサービス・機器開発を行う事業者が、セキュリティ強化を実施しなければならないのだ。さらに、新型コロナウイルス感染症対策で、プライベートでもビジネスでも外出を伴う活動が制限される中で、リモートやオンラインの重要度が高まりIoTの適用範囲がこれまで以上に広がっていることもIoT機器のセキュリティの必要性を高めている。

ユビキタスAIコーポレーションは、これらの課題に対し、組込み開発における実績に基づいた経験と知見を活かし、IoT機器のライフサイクルマネジメントを実現するために必要な機能とサービスを提供している。また、パートナー企業との連携により、IoT機器開発からクラウドまで、セキュアなIoTサービスを実現するために役立つさまざまな製品やサービスを加え、ワンストップソリューションとして提供する。

セキュリティ関連のオンラインイベント「ジャパンセキュリティサミット2020」では、ユビキタスAIコーポレーションによる無料オンラインセミナーが開かれる。このセミナーでは、ハードウェアのセキュリティ機能を活用したIoT機器の開発で考慮すべきポイントや、IoT機器の開発時だけでなく出荷から利用終了までのセキュリティ対策を行うための要件について紹介する。セミナーの主眼は同社のソリューションの紹介ではなく、セキュアなIoTシステムを実現するための取り組みを中心に紹介する。IoT機器のライフサイクルを通じたセキュリティについて考える多くの方に聴講してもらいたい。

参加申込

講演詳細

講演タイトル:『IoT機器のライフサイクルマネジメント 〜セキュアなIoTサービスを実現するために、IoT機器開発で考慮すべきこと』
講演団体:株式会社ユビキタスAIコーポレーション
登壇者:株式会社ユビキタスAIコーポレーション 代表取締役社長 国立大学法人 九州工業大学 客員教授 長谷川 聡氏

日 程:2020年 9月10日(木曜日)13:00〜13:30
会 場:Teamsライブを利用したオンラインイベントです。peatixでお申し込みの方に事前に招待メールをお送りします。
参加費用:無料:お申し込みは当日9月10日の13:00までとさせていただきます
お申込み:こちらよりお申込みください
主 催:ジャパンセキュリティサミット実行委員会

参加申込

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら