WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

チップ 研究 開発 イメージ

フェイスブック、5Gインフラ変革へ(他2本)

5G News March 1st week,2021

2021.03.05

Updated by Wataru Nakamura on March 5, 2021, 07:00 am JST

フェイスブック、5Gインフラ変革へマーベルと協力【EETimes 3/2】
フェイスブックと米チップメーカーのマーベル(Marvell)は先ごろ、ORAN仕様の5Gネットワーク機器の開発におけるパートナーシップ締結を発表。マーベルはFacebook Connectivity(世界中へのネットアクセス提供を目指すプロジェクトが進められるフェイスブックの組織)の「Evenstar Program」に参加し、4Gおよび5Gに対応するOpenRAN仕様のリモート局(Distributed Unit、DU)の設計を提供するという。

原文:Facebook, Marvell Partner in 5G Infrastructure Makeover

ノキアCEO、ローカル5Gの導入加速を予想【Mobile World Live 2/23】
ノキアのペッカ・ルンドマルクCEOは2月23日、モバイルワールドコングレス(MWC)上海の基調講演に登壇。今後10年でローカル5Gへの支出が従来のパブリックネットワークを上回り、ネットワークおよびクラウドインフラへの投資が1ドルあたり4倍以上のエンドユーザー価値の創出につながるという予測を明かした。同社の研究によれば、新型コロナウイルスによるロックダウンなどの規制は民間企業の投資を加速させており、同社が8つの市場で調査した企業の購買意思決定者の45%が「デジタルトランスフォーメーションプログラムの加速させた」と回答したという。

原文:Nokia CEO predicts private 5G network boost

米5G周波数帯オークション、ベライゾンが過去最高の450億ドルを投入【Bloomberg 2/25】
米連邦通信委員会(FCC)は先ごろ、昨年12月に開始され落札総額が過去最高の812億ドルに達した5G向け周波数帯オークションの結果を発表。この報告によれば、今回のオークションには現地通信大手のベライゾン・コミュニケーションズが過去最高の450億ドルを投じたという。ベライゾンに続いて落札額が高かったのはAT&T(230億ドル)、T-モバイル(93億ドル)で、落札事業者には衛星放送・ケーブルテレビのディッシュ・ネットワーク(Dish Network)やコムキャスト(Comcast)、チャーター・コミュニケーションズ(Charter Communications)なども含まれている。

原文:Verizon Leads 5G Airwave Bidding With Record $45 Billion Splurge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。