WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

軍事 通信 防衛 イメージ

米ロッキード・マーティンとオムニスペース、宇宙と地上の統合5G網を開発へ(他2本)

5G News March 4th week,2021

2021.03.26

Updated by Wataru Nakamura on March 26, 2021, 19:18 pm JST

英ボーダフォン、アイルランドの研究施設に同国初のローカル5G網を配備【The Irish Times 3/18】
英ボーダフォン(Vodafone)は先ごろ、アイルランドのウェストミースにあるIrish Manufacturing Research(IMR)の研究施設にローカル5G網を配備。IMRは非営利で製造および産業エネルギー効率に関する研究を行う組織で、新たなローカル5G網は自動製造ラインや移動ロボット、協働ロボット、AR/VRディスプレイなどの革新的なスマート製造技術の開発やテストのために活用される。

原文:Vodafone rolls out first standalone private 5G network

米ロッキード・マーティンとオムニスペース、宇宙と地上の統合5G網を開発へ【Reuters 3/23】
米航空宇宙・防衛大手のロッキード・マーティン(Lockheed Martin)は現地時間3月22日、宇宙ベースの5G網の開発で米通信企業のオムニスペース(Omnispace)と協力することを発表。新たな5G技術はユーザーが衛星および地上ネットワークをシームレスに切り替えられるもので、ネットワークごとに複数の機器を準備する必要性がなくなるという。

原文:Lockheed Martin, Omnispace to develop space-based 5G network

ノキア、シンガポール通信事業者によるスタンドアロン方式の5G網展開をサポート【Fierce Wireless 3/22】
フィンランドのノキアは先ごろ、シンガポール通信事業者のM1およびStarhubの合弁会社であるAntinaとスタンドアロン方式の5G網展開に関する契約を締結。ノキアはAntinaにネットワーク機器や関連サービスを提供し、新たな共有5G網は今夏にもローンチする見込みだ。

原文:Nokia helps JV launch standalone 5G network in Singapore

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。