WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

米国 オハイオ ストリート イメージ

Amazon、「AWS Private 5G」の提供を開始

5G News Aug 3rd. week, 2022

2022.08.16

Updated by Wataru Nakamura on August 16, 2022, 16:05 pm JST

Amazon Web Serviceは8月11日、2021年11月に発表した法人向けローカル5Gサービス「AWS Private 5G」の提供を正式に開始した。まずは米国東部(オハイオ州)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン州)の3地域のAWS顧客向けに提供。将来的に海外市場にも展開していく予定だという。

「AWS Private 5G」は、企業が独自のローカル無線網を数日のうちに設計・展開できるサービス。CBRS(Citizens Broadband Radio Service:市民ブロードバンド無線サービス)周波数帯を利用しており、現時点では4G LTEのみサポート。将来的に5Gにも対応する予定。

価格は、設置される無線ユニット(RU)1台につき1時間あたり10ドルとなり、最低利用期間は60日から。各無線ユニットは最大100枚のSIMに最大150Mbpsのスループットを提供する。

AWSはローカル無線網のメリットについて「免許不要帯域を使用するWi-Fiが抱えるネットワークの混雑問題を回避できる」と指摘。また、「無線インタフェースの暗号化やデバイス認証へのSIM使用により、本質的に安全性が高い」としている。

[原文/関連情報]
AWS Private 5G – Build Your Own Private Mobile Network
Amazon launches AWS Private 5G using CBRS
Amazon launches AWS Private 5G so companies can build their own 4G mobile networks

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。