WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

学校 授業 デジタル イメージ

米Kajeetとサムスン、米国でのローカル5Gネットワークソリューションで協力

5G News Aug 2nd. week, 2022

2022.08.12

Updated by Wataru Nakamura on August 12, 2022, 15:06 pm JST

ローカル無線網やマネージドIoT接続などの無線サービスを手がける米Kajeetは8月9日、サムスン電子アメリカとの提携を発表した。Kajeetは自社のローカル5GプラットフォームをサムスンのCBRS(Citizens Broadband Radio Service:市民ブロードバンド無線サービス)ソリューションと組み合わせ、企業や学校、自治体などに向けて提供する予定。また、米国におけるサムスンのプライベートRANソリューションの正規販売代理店となる。

Kajeetは教育機関や自治体、公益事業、図書館、医療機関などに向けたセキュアなローカル5G網の構築・管理で豊富なノウハウを保有する企業。今回の契約により、両社はこれらの組織への5G対応CBRSネットワークソリューションの提供を目指す。

両社は提携の第一段階として、教育業界向けの取り組みに注力。既に米国の複数の学区へのローカル5G網導入に向けて協力している。

一方、両社はデジタル・ディバイド解消の取り組みでも協力する。米国内のサービスが行き届いていない地域に向けて、CBRSおよび5G固定無線アクセス(FWA)を活用してブロードバンド普及率向上を図る。

[原文/関連情報]
Kajeet and Samsung Collaborate to Deliver Smart Private 5G Network Solutions
Kajeet partners with Samsung on private 5G networks
Kajeet, Samsung to deliver private 5G network solutions in the US

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

中村 航(なかむら・わたる)

1985年生まれ。福岡県福岡市出身。翻訳者。テクノロジーやファッション、伝統工芸、通信、ゲームなどの分野の翻訳・校正に携わる。WirelessWire Newsでは、主に5G、セキュリティ、DXなどの話題に関連する海外ニュースの収集や記事執筆を担当。趣味は海外旅行とボードゲーム。最近はMリーグとAmong Usに熱中。