WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

Archives

  • NTTドコモ、スマートフォンのLINXを一次販売停止、悪意あるアプリに弱点

    2010.09.10

    NTTドコモは2010年9月9日、「ドコモスマートフォン LYNX SH-10B」にソフトウエアの不具合があったことを発表し、製品の販売を一次停止した。すでに購入したユーザーに対しては、9月13日(月)をメドに改善したソフトウエアを提供する。製品販売は、ソフトウエアを更新した製品を準備して、9月中旬に再開する予定である。

  • インド編(1)急成長を続けるインドの携帯電話市場

    2010.09.09

    インドの携帯電話加入者数は2010年6月末現在で6億3,550万人に達し、世界最大の成長率を誇る市場となっている。急速な普及の背景には、インド政府の規制緩和による外資企業の参入がある。都市部の通信サービスの普及率はすでに100%を超えており、農村部との格差が激しい。今後のインド携帯電話市場の成長は、農村部の加入者の増加によるものと期待される。

  • インドのBSNL、WiMAXからLTEへの移行の可能性もありか

    2010.09.09

    ワイヤレス・ブロードバンド・サービスにWiMAXを使うことを表明してきたインド最大の通信事業者BSNLが、ここにきて国内の他のオペレータがすべてLTE採用に動いた場合に備えて、自らもLTE対応できるようなバックアップ・プランを持つことを決めたようだ。

  • 3大モバイルSNSの課金ユーザー比率はGREEがトップ

    2010.09.09

    モバイルマーケティングデータ研究所(MMD研究所)は2010年9月7日、「GREE」(グリー)、「モバゲータウン」(ディー・エヌ・エー)、「mixi」(ミクシィ)の3大モバイルSNSの利用動向調査を実施した。その結果、最も課金ユーザーの比率が高かったのはGREEで、利用者の15%近くが課金アプリを利用していることがわかった。

  • NTTアイティ、iPadやスマートフォンから社内PCにアクセスするサービス

    2010.09.09

    NTTアイティは2010年9月7日、同社が提供するリモートアクセスサービス「マジックコネクト」に、利用できる端末としてiPadやスマートフォンを追加した「マジックコネクトMOS」を発表した。マジックコネクトは、社内などにあるWindowsパソコンやサーバーに、社外からリモートアクセスできるサービス。

  • 日本の携帯法人契約市場は引き続き成長中、2015年度2,440万台の予測

    2010.09.08

    シード・プランニングは2010年7月22日、日本の携帯電話の法人市場を調査し、その結果を発表した。携帯電話・PHSの加入数は、個人需要が頭打ちとなるなか、法人市場は、2009年度に携帯電話が122万加入増加し、2009年度末では1,340万加入、PHSを含めた合計は1,530万加入となった。

  • ドイツテレコムが「地方部」で定額制LTEサービスの受付を開始

    2010.09.08

    ドイツテレコムが定額制LTEサービスの受付を開始した。また、ボーダフォン・ドイツも年内のLTEサービス開始と料金計画を発表している。両社ともブロードバンド・ギャップ(固定ブロードバンドが届いていない)の「地方部」からの展開となるのは、今年行われた4G周波数オークションで課せられた義務によるものだ。

  • ソフトバンクに夏枯れなし! 8月も30万近い契約純増で一人勝ち

    2010.09.08

    ソフトバンクモバイルがブッチギリの純増シェア1位に--。電気通信事業者協会(TCA)は2010年9月7日、8月末の携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。歴史的な猛暑を記録した2010年8月は、ソフトバンクモバイルが純増の55%以上を占めるという記録的な一人勝ちの結果に終わった。

  • デルのSMB向けノートPC、イー・モバイル6カ月使い放題込みで販売

    2010.09.08

    デルとイー・モバイルは2010年9月7日、デルの中堅・中小企業(SMB)向けのノートパソコンにイー・モバイルの通信機能を搭載した新モデルを発表した。「Vostro 3500」にイー・モバイルのデータ通信モジュールを内蔵したモデルで、イー・モバイルの通信サービスを6カ月無料で使い放題になる特典がある。