WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

イスラエル工科大学

  • EUの食品ベンチャー・サミットにテクニオン指導によるスタートアップが出展

    2018.10.31

    イスラエル工科大学(テクニオン)の指導を受けた10社のスタートアップは、欧州連合(EU)の農業革新共同体の権威あるビジネス集会「欧州工科大学院(EIT)フードベンチャー・サミット」に参加した。テクニオンの研究支援プログラムに参加した10社のうち、Jet-Eat、Kiinns、Natufiaの3社がテクニオン賞を受賞した。

  • 猫が抗HIV薬開発の役に立つのはなぜか?

    2018.04.27

    ネコエイズは、人間のHIV-1ウイルスに非常によく似たネコ免疫不全ウイルス(FIV)が原因です。FIVは人間には感染しませんが、エイズウイルスとの多くの類似点があります。

  • ネゲブ砂漠で火星生活のシミュレーション

    2018.02.14

    イスラエル南部の砂漠地帯ネゲブの町「ミツペ・ラモン」(標高800メートル)に、テクニオン(イスラエル工科大学)建築学部の学生たちが「D-MARS」という名の施設を建設した。目的は、火星での生活のシミュレーションである。

  • サイズのハンデを自律編隊飛行でカバーする「ナノ衛星」

    2018.01.16

    2017年2月、イスラエルの国立ネゲヴ・ベン=グリオン大学の研究者チーム主導でインドのロケットを使ってナノ衛星の打ち上げが行われた(「BGUSAT: Israeli Academia’s First Nanosatellite for Research Purposes Will Open Up New Frontiers of Knowledge」)。

  • デジタル・スキル教育のナンバー1はテクニオン

    2017.12.22

    世界の大学の各種ランキングを公表しているTimes Higher Educationの「The Global University Employability Ranking 2017」によると、世界の先端企業に行った調査で学生のデジタル・スキルの育成面で最も高く評価されたのは、イスラエル工科大学(テクニオン)だった。

  • 「ナノパック」で食品を長期保存

    2017.12.15

    「NanoPackプロジェクト」は、イスラエル工科大学(テクニオン)が主導する国際的なプロジェクトで、食品の流通販売の変革を目指している。その名が示すように、ナノテクノロジーを応用して、微生物を侵入させないパッケージを作るのが目的。

  • 運搬せず飛行中に水素を作って発電

    2017.12.15

    イスラエル工科大学(テクニオン)出身のShani Elitzur博士の専門は、スマート・モビリティや航空宇宙工学。今年の5月には飛行中の航空機の中でアルミニウムと水を使って水素を発生させ、その水素で発電することで航空機の電力を賄う技術を発表している。