WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

KDDI、紛失した携帯電話の検索サービスを1回105円に値下げ

2010.08.31

Updated by WirelessWire News編集部 on August 31, 2010, 10:10 am JST

携帯電話が見当たらなくなったとき、その現在のありかが分かれば発見につながりやすい。そんなときに助かるのが携帯電話の現在位置を調べてくれるサービスだ。KDDIでは「ケータイ探せてあんしんサービス」として提供している。KDDIは2010年8月30日、このサービスの利用料金を従来の1回315円から、105円へと引き下げることを発表した。適用は9月1日から。

利用イメージ
201008311020-1.jpg

ケータイ探せてあんしんサービスは、パソコンでau携帯電話のおよその位置を遠隔地から確認できるサービス。KDDIのホームページにアクセスし、「auお客さまサポート」のページにログインして利用する。月額料金などの定額料金は不要だが、1回当たり315円の料金がかかった。これを1回105円に引き下げることで利用しやすくする。同時に、お客様センターに電話をかけてオペレーター経由で携帯電話の位置を教えてもらえるサービスを追加する。こちらは1回当たり315円かかる。

また、2010年秋以降に出荷するau携帯電話では、ケータイ探してあんしんサービスに対応するアプリケーションの事前設定を済ませた状態で出荷する計画も明らかにした。これにより、不意の紛失や盗難の際にも、すぐに同サービスを利用して携帯電話の位置を探すことができる。

同様のサービスは、他の携帯電話事業者も提供している。NTTドコモは「ケータイお探しサービス」として提供。申し込みは不要で、料金は1回315円だが、ドコモプレミアムクラブの会員ならば利用料金はかからない。ソフトバンクモバイルは「紛失ケータイ捜索サービス」として提供する。このサービスは月額498円の「基本オプションパック」のメニューとなっているため、利用にはパック料金の支払いが必要だ。KDDIの改定後のサービスは、特別な申し込みや会員登録などなしに比較的低料金で利用でき、いざという時にほしい機能として使いやすいサービスに改訂された。

【報道発表資料】
「ケータイ探せて安心サービス」における検索料金の改定およびサービスの拡充について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら