WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

日本通信、SIMロック解除端末に向け1GB単位でチャージするSIM製品を発売

2011.04.06

Updated by Naohisa Iwamoto on April 6, 2011, 19:10 pm JST

b-mobile Fair
201104061910-1.jpg

日本通信は2011年4月6日、SIMロック解除された端末での利用を想定したSIM製品「b-mobile Fair」(ビーモバイル・フェア)を発売すると発表した。販売は4月15日から。NTTドコモの3Gネットワークを使い、下り最大7.2Mbps、上り最大5.4Mbpsの高速通信ができる。同社のネット通販価格では、4カ月の有効期間内に1GBの通信が可能な「b-mobile Fair 1GB」が9800円となる。

b-mobile Fairは、スマートフォンユーザーをターゲットにした低価格のSIM。同社では、平均的なスマートフォンユーザーが月間250MB程度のデータ通信をすると想定し、4カ月で1GBの利用ができる製品を作った。b-mobile Fairは当初の1GBが9800円、その後の追加の1GBが8350円。当初の4カ月で月額に換算すると2450円、追加分ならば月額換算2087.5円で利用できる。通信できるデータ量は使い放題ではなく、1GBを使い切るか4カ月が経過するごとに追加のチャージが発生する。一方でパフォーマンス面では、使い放題のb-mobile SIM U300のように速度が300Mbps超のベストエフォートとなるよな制限はなく、NTTドコモのHSDPAネットワークの性能を生かした通信が可能だ。

動画やラジオ、VoIPなどNTTドコモの定額料金では制限があるアプリケーションの利用も可能。またスマートフォンをモバイルWi-Fiルーターとして利用するテザリングも、利用する端末が機能を備えていれば対応可能という。Android端末向けには専用のチャージアプリ「bCharge」を用意し、残量の確認や追加のチャージがアプリ上から簡単に行える。

【報道発表資料】
日本通信、SIMロック解除バースデー製品を新発売

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。