WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

[2011年第11週]被災地への支援がスタート、メーカー工場にも復興の足音

2011.03.22

Updated by WirelessWire News編集部 on March 22, 2011, 10:00 am JST

東北地方太平洋沖地震の発生から10日が過ぎました。被災された皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

被災地への支援は、様々な側面で進んでいる。ソフトバンクBBは携帯電話充電器や乾電池などを被災地に寄贈。バッファローもiPhone用のワンセグチューナーを1300個、被災地に贈る。携帯電話料金の料金の減免、災害用伝言板のスマートフォン対応などもある。

201103221000-1.jpg災害用伝言板のスマホ対応、ワンセグチューナーの無償配布--一段と進む被災地支援
SkypeはWi-Fiネットを無料開放、家庭の医学も無償提供--災害支援の動き

被災した企業や、被災者への情報伝達に苦心する自治体などに向けて、モバイル通信サービスやサービスを無償で提供する動きも広がっている。Wi-Fiやモバイル通信サービスが利用できるようになれば、クラウドサービスを使える。こうした無償サービスが周知されれば、復興への一歩として役に立つと考えられる。

被災企業への支援プログラムや自治体向けの情報提供インフラ支援が

通行可能道路情報の入手や現地ラジオ放送の聴取も

被災地では交通網も大きな打撃を受けている。被災地の方々の移動支援などを目的に、実際にどの道路が通行可能なのか、走行実績を元にしたサービスがいくつか提供されている。

本田技研工業(Honda)はGoogleと協力し、被災地周辺の通行可能道路の情報を「Google マップ」上に公開している。Hondaの「インターナビ・プレミアムクラブ2」会員と、パイオニアのカーナビゲーションシステムのユーザーから収集した走行軌跡データを元に、通行実績をGoogleマップに表示するものだ。

201103221000-2.jpg被災地の通行実績情報マップをGoogleと提供

ユビークリンクも、Androidスマートフォン向けの無料アプリ「通れた道路」を提供している。被災地周辺の通れた道路情報を表示する「通れた道路マップ機能」と、マップを生成するための走行実績データを発信する「走行実績データ発信機能」を備える。ユビークリンクが運営している「全力案内!ナビ」、トヨタ自動車と共同運営している「G-BOOK 全力案内ナビ」、さらに「通れた道路」の走行軌跡データを一元的に集約し、走行可能道路情報を表示する。

被災地の通れた道路情報を閲覧できるAndroidスマートフォン向けアプリを無料で提供

インクリメント・ピーの「MapFan Web」でも同様の通行実績を提供している。また、マピオンの「マピオン」では、東京電力管轄の計画停電のエリアマップの公開や、福島原発から現在地までの距離が分かるサービスなどで情報を提供している。

MapFan Web
マピオン、東京電力管轄の計画停電エリアマップを公開
マピオン、福島原発からの避難範囲地図をモバイルとAndroidアプリにも

KDDIは、東北地方6県のFM局の放送を携帯電話などで聞けるサービスを無料で提供している。「LISMO WAVE」の設備を利用したサービスで、auの携帯電話およびスマートフォンだけでなく、一般のパソコンやFlash搭載スマートフォンでも聴取できる。聴取可能なFM局は、TOKYO FM、FM青森、FM岩手、Date fm、FM秋田、FM山形、ふくしまFM (計7局)。パソコンやスマートフォンから、東北地方太平洋沖地震支援サイトへアクセスして使う。

「LISMO WAVE」東北地方太平洋沖地震支援サイト開設のお知らせ

===

メーカーの工場などの被害状況が明らかに

東北地方を中心に、メーカーの工場や事業所なども大きな被害を受けた。代表的なメーカーが、Webサイトで公開している情報をまとめた。

【拠点の損壊などによる影響】

●NEC

201103221000-3.jpg設備の点検および一部建屋・設備の復旧に努めている生産拠点
・NEC東北(岩手県一関市):通信機器など
・NECワイヤレスネットワークス(福島県福島市):無線通信機器等
・NECトーキン仙台事業所/白石事業所(宮城県仙台市/白石市):電子部品

設備の点検および一部建屋・設備の復旧に努め、検査ラインの早期稼動を目指している生産拠点
・NECインフロンティア東北(宮城県白石市):通信機器、POS

東北地方太平洋沖地震による影響と対応について

●富士通

東北地方で、建屋および生産設備の損傷が確認されている主な拠点
・富士通セミコンダクター 岩手工場(岩手県胆沢郡)
・富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ 宮城工場(宮城県柴田郡)
・富士通セミコンダクター 会津若松工場(福島県会津若松市)
・富士通セミコンダクターテクノロジ 本社工場(福島県会津若松市)
・富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ 本社・会津工場(福島県会津若松市)
・富士通アイソテック 本社工場(福島県伊達市)

「東北地方太平洋沖地震」等の影響に関するお知らせ

●日立製作所

建屋および生産設備の損傷が確認されている主な生産拠点
・日立製作所電力システム者 日立事業所(茨城県日立市)
・日立製作所都市開発システム社 水戸事業所(茨城県ひたちなか市)
・日立製作所情報制御システム車大みか事業所(茨城県日立市)
・日立アプライアンス 多賀事業所(茨城県日立市)
・日立オートモティブシステムズ 福島事業所(福島県伊達郡)
・日立ディスプレイズ 茂原事業所(千葉県茂原市)

東北地方太平洋沖地震の影響および対応について(第2報)(PDF)

●ソニー

3月14日午前11時時点で製造事業所の生産活動を停止していた拠点

201103221000-4.jpg・ソニーケミカル&インフォメーションデバイス
多賀城事業所(宮城県多賀城市)<磁気テープ、ブルーレイディスクなど>
登米事業所なかだサイト、豊里サイト(宮城県登米市)<光学部品、ICカードなど>
・ソニー白石セミコンダクタ(宮城県白石市)<半導体レーザー>
・ソニーエナジー・デバイス 郡山事業所(福島県郡山市)<リチウムイオン二次電池など>
・ソニーエナジー・デバイス 本宮事業所(福島県本宮市)<リチウムイオン二次電池など>
・ソニーマニュファクチュアリングシステムズ(埼玉県久喜市)<実装機器など>
・ソニーDADCジャパン茨城工場(茨城県那珂市)<CD、DVDなど>

東北地方太平洋沖地震及び停電によるソニーグループへの影響について

●パイオニア

設備に軽微な破損があるが、状況を確認後、通常通り操業している事業所
・パイオニア 本社(神奈川県川崎市)
・パイオニア 川越事業所(埼玉県川越市)
・東北パイオニア(山形県天童市)
・十和田パイオニア(青森県十和田市)

東北地方太平洋沖地震に関するお知らせ

●ルネサス エレクトロニクス

201103221000-6.jpg停止中
・ルネサス エレクトロニクス 那珂工場(茨城県ひたちなか市)<半導体前工程>
立上げ準備中
・ルネサス北日本セミコンダクタ 津軽工場(青森県五所川原市)<半導体前工程>
・ルネサス山形セミコンダクタ 鶴岡工場(山形県鶴岡市)<半導体前工程>
・ルネサス エレクトロニクス 高崎工場(群馬県高崎市)<半導体前工程>
・ルネサス エレクトロニクス 甲府工場(山梨県甲斐市)<半導体前工程>
・ルネサスハイコンポーネンツ(青森県北津軽郡)<半導体後工程>
・ルネサス北日本セミコンダクタ 米沢工場(山形県米沢市)<半導体後工程>

一部生産再開
・ルネサス東日本セミコンダクタ 東京デバイス本部(東京都青梅市)<半導体後工程>

3月11日の地震の影響、および計画停電への対応について(第四報)

●エルピーダメモリ

停電による操業停止から3月16日に操業再開
・秋田エルピーダメモリ

秋田エルピーダの操業を再開
東北地方太平洋沖地震の当社への影響に関するお知らせ

===

【計画停電など震災に関連した影響】

●東芝

201103221000-5.jpg計画停電(輪番停電)の実施に伴い、対象となる事業所について、社会・経済活動に必須なライフラインの復旧、維持に関わる事業拠点(生産拠点、グループ会社、工場、オフィス)のみを運営。

東日本大震災に伴う計画停電の実施に伴う事業所の活動について

●パナソニック

当該地域の工場では、従業員の安全確保、東京電力、東北電力の計画停電や節電への協力を優先しながら、インフラや物流などの状況を見ながら操業再開への準備を進めるとしている。

東北地方太平洋沖地震における当社の状況について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら