WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Smart Object(M2M / Smart Grid)ソリューション

2011.05.18

Updated by WirelessWire News編集部 on May 18, 2011, 12:01 pm JST Sponsored by NOKIA

201105181201-1.jpg

Smart Objectとは通信機能を持つ「モノ」を意味しており、このソリューションはM2M(Machine to Machine)ソリューション、または電気自動車関連のSmart Gridソリューションでもあります。

eMobilityソリューションは、ユーザーと自動車の確実な認証、柔軟で容易な課金、そして国をまたがるサービス利用(ローミング)を可能とします。今回は以下の構成・手順により、eMobilityソリューションがどのように電気自動車の充電の運営・管理を実現するかを、デモンストレーションでご紹介します。

[構成]

  • eMobilityポータル(管理画面)
  • 充電スタンド
  • 電気自動車(EV)

[手順]

  1. eMobilityポータルで、各充電スタンドの場所や状態(使用中、故障中など)、利用者の利用状態や履歴が管理できていることを確認します
  2. RFIDカードを充電スタンドにかざして認証し、充電スタンドを利用可能とします
  3. 自動車に充電プラグを挿して充電開始。eMobilityポータルでは、充電スタンドが「使用中」と表示されます
  4. RFIDカードを再度かざして充電を終了すると、利用者の携帯電話にSMSで充電された電気量が通知されます
  5. eMobilityポータル上でも、その利用者の充電量が表示されます

デモンストレーションを行った電気自動車の充電の運営・管理は、Smart Objectソリューションの応用例の一つであり、ノキア シーメンス ネットワークスの強みは、そのソリューションにおける接続管理機能やサービス提供に必要な基本機能を、共通プラットフォームとして提供できる点にあります。これらのプラットフォームは既に通信事業者向けに提供している各種ソリューションの拡張により構築することが可能なためです。

▼Smart Objectソリューションの全体像
201105181201-2.jpg

今後、あらゆる分野でM2M通信に対応したソリューションが必要となると予想されますが、ノキア シーメンス ネットワークスでは、この共通プラットフォームを多くの分野で適用できると考えています。また、通信事業者と協力して共通プラットフォームを通信事業者内に構築することで、各分野の企業に対してSaaSやPaaSなどのクラウドサービスとして、ソリューション提供することも想定しています。

なお、電気自動車の充電の運営・管理に関して、ノキア シーメンス ネットワークスはドイツの公的機関smartlabと共同で、ヨーロッパでの国をまたがる利用(ローミング)を想定した認証システムe-clearing.netの開発を行っています。(プレスリリース[英語]

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG