WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

グーグル、「Google TV」アップデート版をリリース - 新UIなどで仕切り直し

2011.10.31

Updated by WirelessWire News編集部 on October 31, 2011, 12:09 pm JST

グーグル(Google)は米国時間28日、同社が開発を手掛けるインターネットテレビ「Google TV」のアップデート版をリリースした。このアップデート版は、まずソニー製品向けに出され、つづいてロジクール(Logitech)製のデバイスでも利用可能になるという。

約1年前にリリースされた「Google TV」だが、ユーザーからの評判は「リモコンの操作性が悪い」「操作が複雑」といった否定的な声が中心だった。そのため、同システム搭載のセットボックスを発売したロジクールでは、当初249ドルに設定していた価格を99ドルへ値下げすることを余儀なくされるなど、全体として成功とはいえない状態が続いていた。

グーグルの開発チームでは、今回のアップデートに、そうしたユーザーからのフィードバックに応えたものになっているとし、「シンプルなインターフェイス」「すぐれたコンテンツをより簡単に探せる機能」「改良されたYouTubeのインターフェイス」「より多くのアプリへのアクセス」の4点を特徴として挙げている。またGigaOMでも「あっと驚くような」機能は追加されていないが、「Google TVが最初から提供すべきであったもの」がきちんと盛り込まれたと評価している。

いっぽうNew York TimesのBitsでは、今回のアップデートでも米大手テレビ局3社--ABC、NBC、CBSからのコンテンツ提供が見送られたと記している。なお同ブログによると、来年にはサムスン(Samsung)やビジオ(Vizio)からも、Google TV対応テレビが発売される予定だという。

【参照情報】
An Update on Google TV - Google
Google Tries Again With Google TV - Bits (NYTimes)
Google TV relaunches with Android Market (video) - GigaOM
前途多難 - グーグル、「Google TV」対応製品の発表延期をメーカー各社に要請
ソニーが「Google TV」対応のインターネット・テレビを発表
グーグル、Google TVを今年秋に米国で提供開始へ - 2011年には全世界でも
にわかに現実味を帯びてきた「アップルのテレビ市場本格参入」説(編集担当メモ)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG