WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

サムスン「Galaxy S III」、米国で発売 - 人気の高さが裏目に、販売延期や遅配相次ぐ

2012.06.22

Updated by WirelessWire News編集部 on June 22, 2012, 10:58 am JST

201206221050.jpg
[AllThingsD]

サムスン(Samsung)の最新Androidスマートフォン「Galaxy SIII」が米国で21日に発売開始となったが、人気の高さに在庫の確保がままならず、発売の延期や予約分のデリバリーに遅れが生じる例などがさっそく伝えられている。

サムスンが5月はじめに発表した「Galaxy S III」は、事前のレビューが好意的だったことなどもあり、6月半ば時点ですでに全世界であわせて900万台の事前予約が集まっていた。これは、サムスンが1ヵ月に生産できる500万台を大幅に上回る数で、米国では事前予約をした顧客にも十分に端末が行き渡らない状態となっているという。

こうした「圧倒的な需要」を受け、米国時間21日に発売を予定していたスプリント・ネクステル(Sprint Nextel)では、直前になって発売日の延期を発表。同社では、16GBモデルを予約していた顧客は、当初の予定通り21日に端末を受け取る見込みだが、32GBモデルを予約した顧客については製品の出荷が来週以降になりそうだという。

同様に、AT&Tでも予約分のデリバリーに遅れが生じている。同社は当初、21日に端末を受け取る予定だった顧客へのデリバリー時期が6月25日まで遅れる可能性があるとしている。

ベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless)では、6月6日に事前予約の受付を開始した時点でデリバリー時期を7月9日としていた。同社は一般発売の開始時期については明らかにしていない。

T-モバイル(Mobile)ではすでにGS IIIの発売が開始されているが、ただし他の通信事業者よりも割高な価格設定で販売されている。AT&T、ベライゾン、スプリント、U.S. セルラーの各社では、16GBモデルが約200ドル、またAT&Tを除く3社では32GBモデルがおよそ250ドルであるのに対し、T-モバイルではそれぞれ約280ドル、330ドルと、80ドルほど高くなっている。

なお、この話題を採り上げたGigaOMでは、Galaxy S IIIの在庫不足について「iPhoneに匹敵するほどの関心を集まるAndroid端末が、ようやく登場した」と指摘している。

【参照情報】
Samsung's Galaxy S III Smartphone Goes On Sale In U.S. - Bloomberg
Finally, a hot Android phone: Galaxy S III is hard to get - GigaOM
Samsung Galaxy S III Now Available at T-Mobile; AT&T Preorders Delayed - ATD
サムスン、「Galaxy S III」発表 - 4.8インチ画面、4コア・プロセッサ、Android 4.0搭載
ここでも「アップルに倣え」- サムスン、米でも「Galaxy S III」の名称で一本化

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG