WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

オリンピックと階級

2012.08.16

Updated by Mayumi Tanimoto on August 16, 2012, 06:49 am UTC

オリンピックが終わってしまいました。

閉会式はスパイスガールズがタクシーに箱乗りして下さったり、すっかり町内会の良いお父ちゃん風になってしまったTake Thatが汗だくで歌っていたり、次はいつ公衆便所で逮捕されるのかしらとワタクシは個人的にわくわくしているジョージ•マイケル様とか(頭はマジックで塗ったんでしょうか)など香ばしいメンツがそろっておりました。ジョージ•マイケル様に関しては、「アイウオントふりいいいいいいだむ!!」とステージから車で爆走して観客席に突入して頂く、という芸があればもっと良かったでしょう。

ワタクシは、いつまでたっても、スパイスガールズとリアムが殴り合わない上に、ケイト•モス嬢が鼻から何かビューと吸い込みませんので、飽きてしまって、途中で寝てしまったわけですが、我が母国の国営放送様がモンティパイソンを知らないらしいとか、ブライアン•メイ様に関して無言らしいという噂を聞きまして、がばりと起床して、最後まで、頭がプリン状で腕がボンレスハムのアラフォーイギリス人女子が大喜びしたであろう90年代風味の歌謡ショーを堪能したのでありました。

こんな素敵な閉会式が終わってしまい、巨大なパーティーが終わってしまったなあという雰囲気のロンドンでありますが、オリンピックが終わったとたんに賑わっている話題は、やはり「銭と階級」の話でございます。

さすがアダム•スミス先生を生み出したお国です。とにかくここの人々は「なんぼ儲かっとりまっか?」と一年中銭の話をしております。

そして、なんだかんだ言ってここは階級社会でありますので、人々は、まるで取り付かれた様に、階級の話をするのであります。ココでは階級というのは、金があるかないか、の話ではなく、階級が違うと好む物は違うし、行く場所は違うし、服は違うし、もう生き方というか、哲学が違う感じなのであります。

銭と階級に関して、今特に話題になっているのが、オリンピック代表選手の「階級」と「実家に金があるかどうか」であります。

話題の引き金になっているのが、今回イギリスでオリンピックの代表選手になった人のなんと37.5%が私立学校の出身者、金メダリストだと27%であった、という事実です。北京オリンピックの時は、なんど金メダリストの50%、代表選手の40%が私学出身でありました。ちなみに、イギリスでは私学出身の人は人口の7%であります。

イギリスはアメリカの様にスポーツ奨学金は豊富ではありませんので、私学出身ということは、その多くは、親のお金や、学力で勝ち取った奨学金で私学に通っていた、ということになります。

子供の頃から私学に通うことができた、ということは、「実家に相当金があり」、「スポーツをやるために親が支援できる金と暇があった」ということになります。

学力で奨学金をゲットした人の場合は「親が勉学を支援するほど教育熱心で、学問がある」ということになります。(結構家庭教師つけてたりするんです、そういう家庭の子は)

つまり、オリンピック代表選手は「中流以上のおハイソな家庭出身」の人が少なくない、ということを表しているわけです。

イギリスでは私立学校の学費というのは大変高く、学費だけで年間100万円から300万円ぐらいかかります。ここの家庭の平均年収というのは年収400万円ぐらいですので、子供を私立に行かせることができる家庭というのは、はやり金持ちでありまして、世帯年収1千万円ぐらいを超えます。ですから、イギリスで私立の学校に行っていた人というのは「俺って私立出身なの」と人様の前で何回もご自慢するのであります。

私学は資金が豊富で体育をやる施設や教師がおり、子供も運動する余裕や、道具を買う金があるのであります。そして、そういう私学に通うことができる家の子は、親に地元のスポーツクラブやコーチの学費を出してもらうことが可能です。

公立の学校は、予算削減で体育の教師が足りない上、設備もありません。体育が週に一時間しかない学校なぞ珍しくありません。プールがある学校は少ないです。ないのが当たり前です。公立の学校に行くような家の親には、お金がない人も多いですから、運動着や道具を買ってやることができません。運動教室に払うお金なんてありません。毎日生活するのが精一杯ですから。貧困家庭だと、住んでいる場所の治安が悪いので、そとで運動なんてしてられません。運動する公園もないですから。

オリンピック選手に私学出身が少なくない、という事実は、イギリス国民に、イギリス国内の経済と階級格差を改めて実感させたのであります。

追伸:

現在イギリスではこんな「いやげもの」が密林で大安売り中にございます。(なんでイギリス人はやたらとお面が好きなんでございましょうか)

Screen Shot 2012-08-15 at 22.49.20.png
出典 Star Masks

イギリス人の大好物であるジグゾーパズルちょさい模型、意味不明な衣装も大ご奉仕中です

Screen Shot 2012-08-15 at 22.54.23.pngScreen Shot 2012-08-15 at 22.56.25.pngScreen Shot 2012-08-15 at 23.04.16.png

出典 Winning Moves Hornby Hobbies Ltd Wicked Costumes

ジグゾーパズルを買ってしまったお客様は「写真が全面についてないじゃないか!!!」とか良くわからない理由で激怒しております。
Screen Shot 2012-08-15 at 22.53.58.png
出典 Amazon UK, Winning Moves

危ない服を買ってしまった方は「普段も着ているよ!これは素敵なスマートカジュアル」と言い張っています
Screen Shot 2012-08-16 at 00.08.59.png
Amazon UK, Wicked Costumes

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)

NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。