WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ソニーモバイル、薄さ7.9mmで5インチフルHDディスプレイの「Xperia Z」

2013.01.08

Updated by Naohisa Iwamoto on January 8, 2013, 20:30 pm UTC

20130108_Xperia Z001.jpgソニーモバイルは米国時間の2013年1月7日、春に発売予定のスマートフォン新製品「Xperia Z」を発表した。米ラスベガスで開催される「2013 International CES」に先駆けたプレスカンファレンスで明らかにした。

Xperia Zは、5インチと大型でフルHD解像度に対応した「Reality Display」を搭載したAndroidスマートフォン。高精細な大画面ディスプレイと映像の表現を自動的に調整する「モバイルブラビアエンジン2」により、映像コンテンツの品質向上に注力する。カメラにはソニーが開発した積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を採用する。画素数は約1310万画素で、ビデオ撮影でも広いダイナミックレンジを確保できる「HDR」(High Dynamic Range)に対応した。CPUは1.5GHzのクアッドコア、OSはAndroid 4.1で、Android 4.2へのアップグレードも予定されている。

ボディーは7.9mmと薄型で、フラットな形状を採用した。背面にはガラス素材を採用して平滑面を表現し、無駄を配したミニマルなデザインを目指したという。防水にも対応する。ソニー製の対応機器にかざすだけで写真や音楽をワイヤレスで楽しめるワンタッチ機能にも対応している。Xperia Zはグローバルの一部地域で2013年第1四半期に提供を開始する。日本での提供も予定されているが、対応するキャリアなどの詳細は明らかになっていない。

同時に、Xperia Zと一部の仕様が異なる「Xperia ZL」、NFC搭載Bluetoothヘッドセット「SBH20」「DR-BTN200M」も発表している。ただし、これらの製品の国内発売は未定という。

【報道発表資料】
ソニーモバイル、世界市場向けにXperia Z、 Xperia ZL、 アクセサリーSBH20、DR-BTN200Mを発表

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。