WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

食でクールジャパンといっても外国では勝手に進化している件

2013.04.22

Updated by Mayumi Tanimoto on April 22, 2013, 07:57 am UTC

先週はカナダにいたわけですが、カナダもヘルシー志向でありまして、どこにいっても低脂肪の代表であるスシが人気であります。イギリスやイタリアでも人気でありますが、ヨーロッパははやり物というのが北米に比べると何でも15年は遅れておりますので、カナダに比べると売っている所が少ないのであります。

さて、そのカナダのスシでありますが、わりとマトモです。なぜマトモかというと、カナダの東の方にはフランス人をご先祖とするフランス系の方々がおり、フランス系の人々がスシ屋をやっているからです。

ご先祖の遺伝子がそうさせるのかどうかわかりませんが、そのフレンチカナダ系のスシ屋というのは、なんだかアンニュイにオサレな感じで、味もまあまあであります。まあ、どんな感じかというのは写真を見てやって下さい。

2013-04-09 sushi1 .jpg

2013-04-09 sushi 2.jpg

2013-04-09 sushi 3.jpg

2013-04-09 sushi 4.jpg

アメリカだとスシといいつつ「握り飯に生か何だか謎の魚」がのっかっている物体だったりするわけですが、一応美しいです。こういうの日本でパクってやったらどうですかね。欧州式スシとか言ってですね。ぐるぐるスシにも飽きてる方が多いみたいなので、よさげです。

2013-04-09 sushi 5.jpg

しかしですね、こういう「斜めの方向」に進化している物もみつけたわけです。新作です。新作スシピザ。上げた米の上に具が載っております。結構食べている人がおりました。人気です。これじゃ痩せないだろうカナダ。

2013-04-09 sushi piza2.jpg

さらにスシデザートなるものも。何だろうこれは。。。

2013-04-09 sushi dess.jpg

というわけで、比較的正常な人が多いカナダでさえも、「斜めの方向」に進化したジャパニーズフードが受けるわけです。

いいですか、皆さん。最近クールジャパンとかおもてなしとか伝統文化とかクリエーターは無償労働しろとかなめ腐ったことをいっている方々がおりますが、ガイジンが欲しい「クールジャパン」はこれなんですよ。

茶の湯とか生け花とか浮世絵とか、そんな爺さんが喜びそうな物は期待してないわけです。(大体日本人だってそんな物は興味がない)

欲しいのは自分が欲しい形で加工された「狂うジャパン」、つまり、スシピザであり、しゃべる温水便器であり、こんにゃくゼリーで窒息死する人であり、金髪でフィリピンで格闘する白装束のニンジャ、なわけです。ガラゲーとかいらないわけです。いいですか、韓国政府は金を使いまくって全国に「美しきコリア」を宣伝しようとしましたが、世界が欲しかったのは、本質的な部分でどこの人もノレてしまうあの曲を歌うが、アジアのオッサン顔がキワモノ感をかもしだしているPSYなのです。

つまり、日本がAKB48を売りたいと考えていても、ガイジンに受けるのは、本質的な歌唱力とユニークさがある冠二郎とか美川憲一かもしれないね、ということなわけです。

そしてこれはサービスにおいてもモバイルデバイスにおいても同じだということです。本質があって、なおかつ、キワモノ的な面白さがあるものです。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)

NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。