WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ソフトバンクのスプリント買収、スプリントの株主総会で承認

2013.06.26

Updated by Naohisa Iwamoto on June 26, 2013, 07:33 am JST

ソフトバンクは2013年6月26日、米スプリント・ネクステル(Sprint Nextel:以下、スプリント)の臨時株主総会で、ソフトバンクによるスプリントの買収が承認を得られたと発表した。

スプリントの臨時株主総会は米国中部時間で2013年6月25日開催され、株主による承認が得られたという。スプリントのダン・ヘッセCEOは、「ソフトバンクとの取引により財務の自由度が高まることで、スプリントの長期的な価値と競争力を向上させられる」とコメントしている。買収は、連邦通信委員会(FCC)の承認が得られた後の7月上旬に完了すると見込んでいる。

ソフトバンクは、為替予約済みも含めて総額約216億円を投資し、スプリントの事業を買収する。

【報道発表資料】
スプリント買収に関する同社株主の承認取得に関するお知らせ

買収に至るまでの経緯はこちら

2012年10月に、買収交渉が報じられた時からの経緯を時系列に整理。次の焦点となるスプリントによるクリアワイヤ買収についてもとりあげる。

ソフトバンクによるスプリント買収までの経緯まとめ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。