WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ベライゾン、iPhone輸入差し止め命令について米大統領の介入を要請

2013.07.26

Updated by WirelessWire News編集部 on July 26, 2013, 15:24 pm JST

アップル(Apple)の「iPhone 4」および「iPad 2」に対する輸入差し止め命令の発行が2週間に迫るなか、ベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless)は米国23日にオバマ大統領による介入とこの差し止めの撤回を求める寄稿記事をThe Wall Street Journal(WSJ)に掲載した。

この輸入差し止め命令は、特許権の侵害をめぐるサムスン(Samsung)対アップルの一連の訴訟の一環として、米国際貿易委員会(U.S. International Trade Commission:ITC)が6月に下していたもの。スマートフォン関連の特許侵害をめぐる過去の判決では、ITCは違反があるとされた企業に対し、問題個所を修正するための猶予を与えることが多かったが、この件ではアップルにそうした猶予期間を与えなかった。そのため、このままでいくと8月5日からiPhone 4とiPad 2を米国に輸入することができなくなる。

なお今回輸入差し止めの対象となるのはAT&Tから発売されている製品で、ベライゾンなど他社には直接的な影響はないという。

ITCの命令に大統領からの待ったがかかった例は、1987年のレーガン大統領による拒否権の発動以降はない。

【参照情報】
Samsung vs. Apple Needs an Obama Intervention - WSJ
Verizon calls on President to veto coming iPhone ban - GigaOM
Verizon Lawyer Calls for Apple v. Samsung Presidential Intervention to Prevent iPhone Ban - Mac Rumors

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG