WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ハイテク猫背矯正バンド

2013.09.02

Updated by Kenji Nobukuni on September 2, 2013, 17:00 pm JST

LUMOback
201309021700.jpg

腰痛で悩んで何をやっても改善しなかった男性が、正しい姿勢を教えてくれる教室に通い、座ったり立ったり、寝るときの姿勢を教わったら問題が劇的に改善し、痛みから解放されたばかりか、外見も立派になったことを受けて、同じ悩みを持つ人々のために、正しい姿勢を学ぶためのガジェットを作った。

LUMO BodyTech社(カリフォルニア州Palo Alto)のLUMObackは腰に巻くセンサー内蔵のバンドで、値段は150ドル。これを装着して専用のアプリを立ち上げておくと、頭が丸、身体が棒で表現された最もシンプルなイラストが表示され、姿勢が悪いと黄色くて困った顔、姿勢が良いと緑色で笑顔になる。実際には、仕事中や移動中に画面を見続けていることはできないので、LUMObackは姿勢が悪くなると振動で伝えてくれる。最初の振動は姿勢が悪くなってから4秒後。背筋を伸ばさして姿勢を正さないと11秒後にまた振動する。

数か月以内にアプリに機能追加を行い、姿勢を点数で表示したり、一定時間座っていたら「立ち上がって伸びをしましょう」と促したり、目標を設定したりといった、いわゆるコーチングが行えるようになるそうだ。

バンドの素材は伸縮性のあるナイロンで、センサー部分の厚さは7.6ミリ、幅が約4センチ。アプリ(iOS)とはBluetoothで通信する。本体に約1ヵ月分のデータが保存されるので、常時ペアリングモードである必要はない。充電はUSBで行い、バッテリーは1週間程度もつとのこと。腰に装着するセンサーは、手首に着けるFitbitやJawbone UPのようなトラッカーの活動量計機能も持っている。逆に手首のセンサーは背筋の姿勢をモニターすることはできないし、計測中であることが他人にバレてしまう。LUMObackは運動不足と猫背が気になる人には面白いソリューションかもしれない。

【参照情報】
LUMO BodyTech社のウェブサイト
Device Nags You to Sit Up Straight
LumoBack's latest anti-slouching sensor takes on activity trackers with new metrics

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来