WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

iPhone熱探知カメラの使い道

2014.01.28

Updated by Kenji Nobukuni on January 28, 2014, 17:00 pm UTC

FLIR One
201401281700-1.jpg

赤外線熱探知カメラ大手のFLIRシステムズ(オレゴン州Wilsonville)がiPhoneに装着して赤外線カメラにできるケース型の装置「FLIR ONE」を発表した。今春発売予定。349ドルで色はグレー、ホワイトおよびゴールドとiPhone 5sのラインアップとほぼ同じ。バッテリー内蔵でカメラは2つ実装されている。1つが赤外線カメラでもう1つが通常のカメラ。両方使えば可視光の普通の画像の上に熱分布を重ねて表示することができる。

映画などでは軍事用のナイトビジョンでよく登場する熱探知カメラだが、人や動物などから発せられる熱を感知するので暗闇でも不審者や野生動物を「見る」ことができる。

建築現場や工場、医療の現場でも使い道はあるようだ。例えば褐色脂肪組織(肥満防止に役立つらしい)は熱を発生するので赤外線カメラで分布が分かる。建物で熱や冷気の漏れている場所を特定したり、壁紙の下の釘を探したり、料理に火が通っているか確認したり、たき火が消えたか確かめたり、火災現場で煙に巻かれた人の場所を探すのにも使えるらしい。

熱探知カメラは特に医療現場ではこれまで多用されてこなかったが、手軽に利用できる熱探知カメラがあれば炎症箇所を見つけたり、傷の程度を測ったりすることにも使えるのではないかと期待されているようだ。Android版も開発中とのこと。

【参照情報】
FLIR Oneのウェブページ
FLIR One, an iPhone Infrared Thermal Imager
FLIR turns the heat up on smartphone thermal imaging

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来

RELATED TAG