WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ノキア、MWCでAndroidスマートフォン発表か(WSJ報道)

2014.02.12

Updated by WirelessWire News編集部 on February 12, 2014, 15:29 pm UTC

ノキア(Nokia)がAndroid OSを搭載するローエンド・スマートフォンの開発を進めているとする話は既報のとおりだが、これに関して同社が今月24日からバルセロナ(スペイン)で行われる「Mobile World Congress」(MWC)のなかでこの製品の発表を予定しているとWSJが報じている。

ノキアで開発コード名「Normandy」というAndroid端末の開発が進んでいるという話は昨年11月に一部の媒体で伝えられていたが、その際にはこの製品が同社の「Asha」端末に代わるローエンド端末として想定されていることや、独自にカスタマイズしたAndroid OSが搭載されるといった話が出ていた。

WSJでは今回、情報筋の話として、ノキアがこのAndroid端末にAmazon Kindle OSと同様の、独自仕様のOSを搭載してくる可能性を挙げている。これは「Android Open Source Project(AOSP)」をベースにしたOSで、グーグルが提供する「Google Play Services」「Google Mobile Services (GMS)」を使った最新機能やサービスは利用できないものの、ノキアでは代わりに自社やマイクロソフト(Microsoft)などが開発した代替物を搭載する予定。そのなかには地図アプリ「Here」やストリーミング音楽アプリ「MixRadio」、それに専用のアプリストアなども含まれるという。さらに、OSのユーザーインターフェイス(UI)もWindows Phoneのそれと似たものになる可能性があるという。

マイクロソフトによるノキア買収は3月中にも完了するとみられているが、この段階でノキアがAndroid端末を発表する背景には、主に新興国市場での同社の事情があるとみられる。そのひとつはWindows Phone OSが低スペックのハードウェアには対応していないことで、ノキアではこれまでこの部分をAshaシリーズの製品でカバーしてきたが、中国やインドといった市場で低価格のAndroid端末が大量に出回るなかで苦戦を強いられているとされている。またノキアでは製造ラインの稼働率を一定水準に保つ必要もあり、Ashaよりも売上を期待できるAndroid端末の開発を進めてきたとの見方もある。

この話題に触れたThe Vergeでは、この端末が「Nokia X」という名前で発売されるとする未確認情報を紹介。またMWCでは、ノキア製の最新Windows Phone端末も発表される予定ながら、ノキアが力を入れてくるのはAndroid端末のほうになるとも予想している。

【参照情報】
Nokia Releasing First Android Phone - WSJ
Nokia will reportedly unveil its Android phone later this month - The Verge
Report: Nokia to release its first Android phone this month - GigaOM

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG