WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アップル「iWatch」にも決済機能 - 年内に予約受付の可能性など

2014.09.05

Updated by WirelessWire News編集部 on September 5, 2014, 15:24 pm JST

アップル(Apple)が来週発表するとみられる「iWatch」に関し、画面サイズが1.3インチならびに1.5インチの2機種を用意しており、それぞれに素材やカラーの異なる2〜4種類程度のモデルが出される可能性があると証券アナリストの予想が一部の媒体で採り上げられている。

アップルウォッチャーとして知られるMing-Chi Kuo(香港KGI証券)氏の予想によると、「iWatch」には512MBのRAM、8GBのストレージが搭載され、カラーバリエーションのなかにはゴールドバージョン(アルミ素材に着色)なども含まれる可能性があるという。また同製品の発売時期については、量産がまだ始まっていないことから同氏は来年以降になると予測しているという。なお、価格についてはすでに一部で「最高で400ドル程度」といった見方もあがっていたが、同氏のレポートを採り上げた各媒体の記事のなかにはこの点に触れたものは見つからない。


[Apple Watch to Allow Mobile Payments - WSJ]

いっぽう、WSJに掲載された「iWatch」関連の記事のなかにも2種類のサイズが用意され、いずれにもOLEDベースの曲面ディスプレイが搭載される可能性が記されている。また搭載されるNFCチップの用途について、「iPhone 6」への搭載が見込まれる非接触式の決済機能のほか、iPhoneなどとの接続を簡単に実現する機能にも言及している。

また発売時期についてもやはり来年以降とする情報筋の話が紹介されているが、同時に同製品を組み立てる台湾クアンタ・コンピュータ(Quanta Computer)への部品納入スケジュールには変更はなく、アップルが年内に予約受付を始める計画もあるなどとしている。ただし具体的な価格はまだ不明とされている。

なお決済関連では、アップルがクレジットカードを発行する大手金融機関5社ーーアメリカン・エクスプレス(American Express)、JPモルガン・チェース(JP Morgan Chase)、シティグループ(Citigroup)、キャピタル・ワン(Capital One)、バンクオブアメリカ(Bank of America)との進めていた交渉について、「iWallet」経由の決済手数料の大幅引き下げで合意に達したと、Bank Innovationブログが報じている(情報源は元シティの幹部)。

それとは別に、9日の発表イベントでは「Touch ID」センサーを搭載する新しい「iPad Air」も披露される可能性があるとApple Insiderが伝えている。同記事によると新しい「iPad Air」ではiPhoneと同様二、ゴールドバージョンも用意される可能性があるという。なおこちらの情報源もやはり香港KGI証券のMing-Chi Kuo氏の予想となっている。

【参照情報】
Apple Watch to Allow Mobile Payments - WSJ
Reported details ahead of iWatch reveal: Two sizes, NFC pairing, pre-orders for 2015 launch - GigaOM
Apple's 'iWatch' to have two sizes, 8GB storage, multiple material & color options for 2015 launch - report - Apple Insider
Apple to sell iWatch in two sizes but not until 2015, says analyst - CNET
Apple Said to Negotiate Deep Payments Discounts from Big Banks - Bank Innovation
Next-gen iPad Air with Touch ID, new gold color option may also debut at Apple's Sept. 9 event - Apple Insider

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら