WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモ LTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」を3月27日から提供開始

2015.02.25

Updated by Asako Itagaki on February 25, 2015, 20:05 pm UTC

201502252000-0.jpg

NTTドコモは、LTE-Advancedのサービスを2015年3月27日より開始することを発表した。下り最大225Mbps(上り50Mbps)のネットワークを「PREMIUM 4G」として展開する。当初のサービスエリアは全国22都道府県27市5区6町の都市部から順次展開する。

キャリアアグリゲーション(以下CA)は、1.5GHz帯(112.5Mbps)+2GHz帯(112.5Mbps)と800MHz帯(75Mbps)+1.7GHz帯(150Mbps)の2種類を使用する。また、マクロセルにより構築されたエリア内にスモールセルを重ねて配置するアドオンセルを制御する高度化C-RANを導入し、通信トラフィックが集中するエリアでの通信容量増大をはかる。

サービスエリアは全国で混雑している都市部を中心に展開する。東京都内はJR山手線の中でも池袋、新宿、渋谷、品川、新橋、東京などの特に混雑する駅周辺から順次開始する。市区内の詳細なエリアについては随時ドコモのウェブサイト上で公開する。現在のLTEネットワークは面でエリアをカバーし、特に混雑する場所にPREMIUM 4Gを重ねることで、すべてのユーザーが快適にネットワークを使えるようにする意図だ。

当初の対応端末は2014?15冬春モデルとして発表されたWi-Fiルーター2機種となる(HW-02Gは発売済み、L-01Gは3月発売予定)。LTE-Advanced対応スマートフォンは2015年度早期に提供予定とのこと。

201502252000-1.jpgNTTドコモ 取締役常務執行役員の大松澤清博氏(写真右)は、「ドコモが目指すネットワークは、1番目に"技術革新を先導する最新のネットワーク"、2番目に"サービスを進化させるシンプルなネットワーク"、3番目に"バランスのよい効率的なネットワーク"。いつでも、どこでも、快適なモバイル通信を実現するよう進化し続ける」と述べた。

ドコモの2014年度内のLTE-Advancedサービス開始は2014年秋に明らかにされたが、予定通り225Mbpsでサービスを開始した後は、さらにキャリアアグリゲーションで束ねる周波数を増やすことで、高速化をはかる。2016年度には割当を受ける見込みとされている3.5GHz帯まで束ねて300Mbps超のサービス提供を目指す。「2020年までのどこかの時点で、100MHz幅を束ねて1Gbpsが利用できるように準備できればよいと思っている」と大松澤氏は述べた。

▼PREMIUM 4Gの今後の展開
201502252000-2.jpg

この日公開されたデモンストレーションでは、PREMIUM 4Gで平均200Mbpsを超える速度の通信が可能なことが披露された。ドコモラウンジ(東京)、スマートフォンラウンジ(名古屋)、ドコモショップグランフロント大阪(大阪)の3カ所で、下り最速262.5Mbps(800MHz帯112.5Mbps+1,7GHz150Mbps)が体験できる「超高速262.5Mbps体験スポット」をオープンする予定。

▼左がPREMIUM 4G(下り最大262.5Mbps)、右がdocomo LTE(下り最大112.5Mbps)。
201502252000-3.jpg

▼PREMIUM 4G(TM) コンセプトムービー

【報道発表資料】
国内最速となる受信時最大225Mbpsの次世代ネットワーク「LTE-Advanced」を提供

【関連情報】
PREMIUM 4G(TM) ~LTEは次のステージへ~(NTTドコモ)
さらに速く!広く!ネットワーク強化進行中!(エリア情報)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。