WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

サムスンのプライバシーポリシーに疑問の声 - スマートTVの音声コマンド機能をめぐり

2015.02.09

Updated by WirelessWire News編集部 on February 9, 2015, 12:19 pm UTC

サムスン(Samsung)製スマートTVの音声コマンド機能に関するプライバシーポリシーがちょっとした議論を呼んでいるようだ。

疑問の声が上がっているのは、同社のスマートTVに搭載されている音声コマンド機能と関連するプライバシーポリシーの部分で、サムスンはそのなかで「お客様の音声コマンドのなかに、個人的または大切な情報が含まれている場合も、データはそのまま保存され、外部に送信される可能性がありますのでご注意ください」としており、こういったデータがどのように使用されるのか、どういった外部の組織に送信される可能性があるかなどの点が不明なままだという。

このプライバシーポリシーの問題を最初に採り上げたDaily Beastでは、収集された音声情報について、基本的にはTVのパフォーマンス改善に使用されるものと予想。また情報を受け取る外部組織については、音声をテキストに変換するサービスを提供する企業などではないかとする専門家の声を紹介している。ただし、この専門家は「自分がユーザーなら、具体的な外部の組織の名前を知りたいだろう」としながら、「音声コマンドデータがハッカーなどによる傍受の心配なく、安全に送信されているかも絶対に知りたい」としている。

これらの報道を受け、サムスンは米国時間6日に声明を発表。このなかで、「消費者のプライバシー保護を深刻に受け止めている」としながら、自社のスマートTVには業界標準のデータ暗号化などのセキュリティ対策を施しており、消費者の個人情報保護や情報の不正な収集・使用の防止に努めていると主張。また、音声コマンド機能について、ユーザーによるオン・オフの切り替えが可能であることや、TVをWi-Fiネットワークから切断して使用することも可能であることも指摘しているという。

【参照情報】
Your Samsung SmartTV Is Spying on You, Basically - Daily Beast
Samsung's warning: Our Smart TVs record your living room chatter - CNET
Today In Creepy Privacy Policies, Samsung's Eavesdropping TV - TechCrunch

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら