WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

KDDI、写真やアドレス帳などのデータを保存する「データお預かりアプリ」を開始

Yes, we can definitely keep your personal data safe

2015.04.23

Updated by Naohisa Iwamoto on 4月 23, 2015, 17:59 pm JST

KDDIは2015年4月23日、写真や動画、アドレス帳、インストールしたアプリの一覧、Wi-Fi設定などのデータをクラウドサービスで保存する「データお預かりアプリ」の提供を開始したと発表した。4月23日以降に発売するauスマートフォン、auタブレット向けに提供する。

データお預かりアプリは、これまでKDDIが提供してきた「auバックアップアプリ」「au Cloud」「Friends Note」の機能を1つのアプリでまとめて利用できるようにしたもの。従来は複数のアプリを利用しなければならなかった各種のデータのバックアップが、1つのアプリからまとめて簡単に完了するようになる。対象となるデータは、アドレス帳、写真、動画、ブックマーク、カレンダー、Eメール (@ezweb.ne.jp)、SMS、インストールアプリの一覧、アプリ配置、発着信履歴、ユーザー辞書、Wi-Fi設定、壁紙、着信音、通知音設定。

利用料金は無料。データの保存先は「auスマートパス」のサーバー上の1GBの領域か、microSDカード。auスマートパス会員の場合は、50GBの保存容量を利用できる。対象機種は、2015年4月23日以降に発売する、Android 5.0以上を搭載のauスマートフォン、auタブレットとiOS 6.0異常を搭載したiPhone、iPad。iOSの対応は5月中旬以降を予定し、アドレス帳、写真、動画、カレンダーに限って保存できる。

【報道発表資料】
大切なデータを簡単・便利に保存できる「データお預かりアプリ」の提供について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。