20150522-itagaki-eyecatch

NIEDと日本気象協会、「10分先の大雨情報」配信サービスのモニター募集

Before it's too late...

2015.05.22

Updated by Asako Itagaki on 5月 22, 2015, 08:02 am JST

防災科学技術研究所と日本気象協会は、激しい雨が降る最大10分前に利用者にメールで大雨情報を伝達する「10分前の大雨情報」の有用性を検討するための社会実験を共同で行う。実験期間は2015年6月1日から10月31日で、予測の対象は関東地方の一部(北緯35°~36.4895°、東経139°~140.705°)の範囲内。実験に伴い、期間限定モニターを1,000名募集する。

▼今回の予測対象となる範囲(報道発表資料より)
20150522-itagaki-1

 

利用者ははあらかじめ任意の2地点を登録しておく。国土交通省が運用するXバンドMPレーダネットワーク(XRAIN)を活用し、10分間予測雨量 5mm(30mm/h)以上の激しい雨が上空で検知された時点で利用者の携帯電話/携帯端末宛てに雨量の予測と降雨量分布地図へのリンクを掲載した電子メールを送信する。

▼配信されるメールの例(左)とWebで提供される情報のイメージ
20150522-itagaki-2
この実験は、内閣府が科学技術イノベーション実現のために平成26年度に創設したプログラム「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の課題のひとつである「レジリエントな防災・減災機能の強化」達成の一環として実施するもの。近年、全国各地において豪雨に伴う人的、物的被害が発生している。今回の社会実験を通じて大雨情報の有用性を確認し、屋外で活動中の利用者の避難等に活用されることを想定している。

【報道発表資料】
防災科学技術研究所と日本気象協会、共同で社会実験を開始 ~「10分先の大雨情報」の有用性確認のため、期間限定のモニターを1,000名募集~

メールマガジン購読WirelessWire News メールマガジン

おすすめ記事を配信する『WirelessWire Weekly』と、閲覧履歴を元にあなたに合った記事をお送りする『Your Wire』をお送りします(共に週1回)
配信内容を詳しく見る

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集長。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2013年春、長年住んだ中目黒を離れて、世界一高い電波塔の近所で下町生活を満喫中。

RELATED NEWS