じぶん銀行、スマホアプリを使った「トランザクション認証」を提供、不正送金の防止に

Problem with unauthorized transactions will be solved

2015.06.15

Updated by Naohisa Iwamoto on 6月 15, 2015, 18:44 pm JST

じぶん銀行は2015年6月15日、インターネットバンキングの不正送金などによる被害を防止するため、新しい認証サービスの「スマホ認証サービス」の提供を開始したと発表した。スマホ認証サービスでは、「トランザクション認証」という認証方法によりセキュリティーを強化する上、スマートフォン利用の場合はアプリだけで取引と認証が完了するメリットもある。

スマホ認証サービスの提供を開始するのは、じぶん銀行が提供する「じぶん銀行スマートフォンアプリ」。Android版のアプリでは6月14日から、iPhone版のアプリでは近日中にサービスの提供を開始する。

スマホ認証サービスが利用する「トランザクション認証」とは、取引(トランザクション)のデータである口座番号や金額などの一部を含んだワンタイムパスワードを生成して、取引を認証するもの。送金先や金額が取引の途中で何者かに書き換えられた場合には、不正を察知することができる。スマホ認証サービスでは、トランザクション認証の機能をスマートフォンアプリに組み込むことで、セキュリティーを確保できるようにした。

スマホ認証サービスの利用シーンは主に2つある。1つはパソコンでインターネットバンキングの振込などの取引を行う場合で、パソコンで取引内容を入力した後、スマートフォンのアプリにログインして、取引内容を確認して承認することで取引が実行される。パソコンとスマートフォンの2経路認証のほか、ログイン認証とトランザクション認証の2要素認証にもなり、高いセキュリティーが確保できる。もう1つはスマートフォンからインターネットバンキングを利用する場合。こちらはスマートフォンアプリにスマホ認証サービスの機能を組み込んであるため、取引の入力からトランザクション認証による確認、実行までが1つのアプリで完結する。

利用手数料は無料。対象となる取引は振込、携帯電話番号の変更で、24時間対応の自動応答電話による本人確認後にすぐに利用できるようになる。じぶん銀行では、トランザクション認証を銀行取引用のスマートフォンアプリに組み込んだ認証サービスの提供は、邦銀で初だとしている。

【報道発表資料】
邦銀初、トランザクション認証機能を銀行取引アプリに組込んだ「スマホ認証サービス」を提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。