freetelとダイワボウ情報システムが協業して法人向けの通信サービスを展開

Have unlocked phone and save your money

2015.06.19

Updated by Naohisa Iwamoto on 6月 19, 2015, 17:36 pm JST

SIMロックフリースマートフォンの「freetel」や通信サービス「freetel mobile」を提供するプラスワン・マーケティングとダイワボウ情報システム(DIS)は2015年6月19日、協業して法人市場に向けた通信サービスの提供を開始すると発表した。

プラスワン・マーケティングは、「freetel」ブランドで税抜き9980円からAndroidのSIMロックフリー端末を提供し、MVNOの通信サービス「freetel mobile」を提供する。また30秒当たり20円の通話料金を半額にできる「通話料いきなり半額」アプリケーションも提供する。一方のDISはマルチベンダーのディストリビューターで、プラスワン・マーケティングとの協業によりDISが提供するMDM(モバイル端末管理)ソリューションと端末や通信サービスのワンストップでの提供を可能にする。プラスワン・マーケティングではWindowsベースのSIMロックフリー携帯機器を2015年秋に発売する予定で、両社の協業により法人向けビジネスの拡大を図る。

DISは2014年12月に日本通信のサービス基盤を利用して「DIS mobile Powered by JCI」として通信サービスに参入するなど、法人向けのSIMロックフリー端末や通信サービスを組み合わせたワンストップソリューションの提供に力を入れている。

【報道発表資料】
freetel とダイワボウ情報システム株式会社の協業開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。