SIMロック解除がしやすく、ドコモが条件を一部変更

A better deal for docomo customers

2015.07.07

Updated by Naohisa Iwamoto on 7月 7, 2015, 20:21 pm JST

NTTドコモは2015年7月7日、SIMロック解除の受付条件を一部変更すると発表した。7月13日から適用される。

2015年5月1日以降に発売された機種に関して、ドコモでは機種購入日から6カ月間の解除制限期間を設けている。このうち、対象となる一部の利用者について受付条件を変更し、SIMロック解除をしやすくする。対象となるのは、契約回線で前回のSIMロック解除から6カ月以上が経過した利用者。この場合は、新規に購入した機種については購入当日にSIMロック解除の受付が可能になる。一方、契約回線で前回のSIMロック解除から6カ月を経過していない利用者に対しては、前回のSIMロック解除から6カ月が経過した日からSIMロック解除の受付が可能になる。

「新規機種の購入日」から6カ月間は一律でSIMロック解除ができなかった従来の条件に対して、条件の変更によって「前回のSIMロック解除」から6カ月が経過すればSIMロック解除できるようになる。これにより、新規の機種を購入してすぐにSIMロック解除できる利用者層が増え、SIMロック解除の利用増加にもつながりそうだ。

なお、2015年4月30日以前に発売された機種は、条件の変更にかかわりなく、購入当日にSIMロック解除を受け付ける。

【報道発表資料】
SIMロック解除の受付条件を一部変更

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。