防災週間に合わせて各社の災害用伝言板体験サービスを実施 鉄道各社は列車停止訓練も

2015.09.01

Updated by Asako Itagaki on 9月 1, 2015, 08:37 am JST

8月30日から9月5日までの防災週間に合わせて、携帯電話各社では災害用伝言板体験サービスを実施している。スマートフォン用に災害用伝言板、音声お届サービス、情報提供をパッケージにしたアプリなどが各社から提供されているので、この機会にぜひ確認をおすすめしたい。

また、NTT東西が提供する災害用伝言板Web171もこの期間中体験サービスを実施している。

なお、これらの災害用伝言板で登録された伝言は、NTTレゾナントがNTT、NHKと共同で運営している安否情報一括検索サービス「J-anpi~安否情報まとめて検索~」でまとめて検索できる。J-anpiでは災害用伝言板の情報の他、Googleパーソンファインダー、企業や自治体などから提供される安否情報なども検索できるので、ブックマークしておきたい。

j-anpi

9月1日から、セブン&アイ・ホールディングスはセブン-イレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、赤ちゃん本舗などの全国のグループ各店に設置されている無料Wi-Fiスポット「セブンスポット」を災害発生時に特別開放する運用を開始する。災害発生時の判定はJ-anpiに連動しており、J-anpiが災害用モードと連動してセブンスポットも災害用モードが起動し、会員登録無しでだれでも利用できるようになる。

▼J-anpiとセブンスポットの連携イメージ(NTTレゾナント報道発表資料より)
janpi-7spot

また9月1日、鉄道各社では大地震を想定し減速運転や列車停止等の訓練を実施する。RESCUE NOWによれば、9月1日10時から15時頃にかけて、東京都交通局、東京モノレール、相模鉄道、京急電鉄、北総鉄道、小田急電鉄、箱根登山鉄道、江ノ島電鉄、ゆりかもめなどで訓練が予定されているが、その他の鉄道会社でも訓練により減速運転や列車停止などが発生する可能性がある。各社のTwitterなどの情報に注意したい。

 

【参照情報】
セブン&アイグループの災害対応 無料Wi-Fi『セブンスポット』災害時の特別開放(PDF)
「J-anpi~安否情報まとめて検索~」、 セブン&アイグループ『セブンスポット』災害時特別開放と連携開始(NTTレゾナント)
〔防災週間〕関東の鉄道各社で大地震発生を想定した列車停止等の訓練を実施(RESCUENOW.NET

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。

RELATED TAG