日本通信、モバイルデバイス向けのセキュリティ対策「モバイルIDS」を法人向けに提供

2015.09.03

Updated by Naohisa Iwamoto on 9月 3, 2015, 19:13 pm JST

日本通信は2015年9月3日、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスに向けたサイバーセキュリティ対策ソリューション「モバイルIDS」の提供を開始すると発表した。モバイルIDSは法人を対象に、まず日本通信が提供するVAIO Phoneに向けて9月18日に提供を開始する。

IDSは、Intrusion Detection System(侵入検知システム)のことで、有線ネットワークに向けては多くのソリューションが提供され、企業ネットワークで利用されてきている。一方、モバイルデバイスに対してはIDSの「ソリューションが誕生してきていない」(日本通信)。そこで日本通信では、同社の特許技術を活用してIDSソリューションをモバイルデバイスに搭載した。モバイルデバイスにIDSソリューションを搭載するのは世界で初めてのことと日本通信は説明する。

モバイルIDSの価格は100台の場合で月額24万円(税抜き)。防御機能も備えたモバイルIDPS(Intrusion Detection and Protection System: 侵入検知防御システム)も、同時に提供を開始する。個人向けにはモバイルIDS、モバイルIDPSとは別のプログラムとなる「コミュニティ開発プログラム」を用意する。

日本通信では、モバイルIDSの開発に10年をかけたという。世界に先駆けてモバイルIDS提供することで、日本がモバイルインターネットセキュリティ分野で世界のリーダーシップを握ることを同社では期待しているという。

【報道発表資料】
世界初のモバイル・セキュリティ新技術提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS