キヤノンと富士通が協業、流通業向けや観光業向けの映像ソリューションを開発

2015.10.23

Updated by Naohisa Iwamoto on 10月 23, 2015, 18:03 pm JST

キヤノンと富士通は2015年10月23日、ネットワークカメラを活用した新しい映像ソリューションを共同開発すると発表した。キヤノンの映像高画質化技術や解析技術と、富士通のサービス基盤を組み合わせて、新しい映像ソリューションの提供を目指す。

キヤノンは、ネットワークカメラの映像を高画質化する技術を保有するほか、映った人の性別や年令、動線などを映像から分析する映像解析技術の開発を進めている。富士通は、情報利活用ビジネスプラットフォーム「FUJITSU Retail Solution CHANNEL Value」、位置情報サービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL」といったサービス基盤を持つ。これらの技術とサービス基盤を連携させ、富士通が提供するクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service」の上で映像ソリューションを開発、提供する。

ソリューションとしては「流通業向けソリューション」と「公共(観光業)向けソリューション」を、2016年中に実用化することを目指す。流通業向けソリューションでは、ネットワークカメラで撮影した店舗内の映像を解析し、来店者の性別や年齢層、動線、店内の混雑や滞留状況などを「CHANNEL Value」で分析。来店者に合わせた販売促進や、売場の最適な配置などを提案する。公共(観光業)向けソリューションでは、観光地に設置したネットワークカメラと「SPATIOWL」を組み合わせて、観光客の人数や動線、混雑度などの情報を把握した上で、自治体や観光施設を活性化させるためのソリューションを提供する。また、ネットワークカメラを使った観光地の高画質なライブ映像の提供など、新しいサービスの提案も行う。

【報道発表資料】
キヤノンと富士通の協業による映像ソリューションの開発について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。