LATEST NEWS

貧富格差の拡大を防ぐ——ピケティの提唱する全世界的累進資本税

4部で構成されるトマ・ピケティ「21世紀の資本」は、最後の第IV部「21世紀の資本規制」で、貧富格差を社会的に是正する方法について検討している。彼の主張は簡潔だ。 すでに述べた通り、果てしない格差スパイラルを避け、蓄積の […]

2017.06.26

知的情報処理の最前線:日本の逆転劇「量子アニーリング」研究が盛り上がる

日本に量子アニーリングマシンがやってきた。前回の記事で紹介したようにハーディス株式会社がD-Wave Systems社と日本販売について提携を開始した。 それでは日本で量子アニーリングを実現する動きはあるのだろうか。 実 […]

2016.09.06

知的情報処理の最前線:Googleがやはり作っていた「量子コンピュータ」

去る6月27日より30日にかけて、Adiabatic Quantum Computing Conference (AQC2015)がGoogle Los Angelsで開催された。 筆者も研究成果の講演のために参加してき […]

2016.07.05

IBM、新気象予想サービス「Deep Thunder」を発表 - ウェザーカンパニーのデータを活用

IBM傘下のウェザーカンパニー(Weather Company)は米国時間15日、同社がIBMリサーチ(IBM Reserach)と共同開発した新たな気象予報サービス「Deep Thunder」を発表した。 「Deep […]

2016.06.17

ガジェットやデバイスを電磁波で識別する:EM-ID

ディズニー・リサーチが開発したEM-IDは、デバイスやガジェットが発する電磁波を調べて、機種などを識別する技術。同じ種類の機器の間の違いまで識別できるという、電磁(Electro-Magnetic)のID(entification)技術である。

2016.05.27

神戸市とドコモが連携、子どもや高齢者の見守りなどICTとデータ活用で社会課題解決へ

神戸市とNTTドコモは、ICTやデータの活用に関して事業連携の協定を締結すると発表した。地域のさまざまな社会課題の解決を目的とした事業連携である。

2016.04.18

「産総研-NEC 人工知能連携研究室」設立、シミュレーションとAIで未知の状況での意思決定目指す

ビッグデータ分析にはデータが不足する場合にもAI活用を目指し官民共同で取り組む。

2016.04.06

トヨタ、コネクテド・カー関連の新会社設立 - マイクロソフトも出資

トヨタ自動車が米国時間4日、コネクテド・カー関連の新会社トヨタ・コネクテド(Toyota Connected、本社テキサス州プラノ)を設立することを明らかにした。新会社では、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」 […]

2016.04.05

IoTを「作る」から「使う」へ、オプティムがプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」を提供

オプティムは、IoTソリューションを手軽に構築できるプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」を提供する。自由にIoTデバイスを選び、直感的な操作でデータ収集から分析結果を得るところまでを、クラウドサービスの上で自在に実行できるようになる。

2016.03.31

ARCHIVES