WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

Project Loon The Brazil Test

アルファベットの「Project Loon」、新たな実験の場はインドネシアに

2015.10.29

Updated by WirelessWire News編集部 on October 29, 2015, 13:04 pm JST

グーグル(Google)の持ち株会社であるアルファベット(Alphabet)は米国時間28日、同社が研究開発を進める気球を利用したインターネット接続サービスの実験プロジェクト「Project Loon」について、インドネシアの大手携帯通信事業者3社と提携して同国内で試験を行っていくことを明らかにした。

この取り組みで、アルファベットが提携したのは、インドサット(Indosat)、テルコムセル(Telkomsel)、XLアシアタ(XL Axiata)の3社で、各社は来年にもインドネシア国内で気球を利用した試験を開始する見通し。

アルファベットはすでにブラジル、ニュージーランド、オーストラリアで、各地の携帯通信事業者と提携してProject Loonのテストを行っている。またスリランカでも政府との協力を通じたテストを行う計画が明らかにされている。

この話題に触れたWSJでは、「Project Loon」の新たな実験の場にインドネシアが選ばれた理由として、約2億4000万人と世界で4番目に多い人口や、インターネット接続環境がない地域が全土の約3分の2以上におよぶ点、そして地理的な要因(約1万7000もの島々が点在し、光ファイバーケーブルなどを使った通信インフラを展開することが難しい)などが挙げられている。

なお、Project Loonを利用したサービスの可能性について、インドサットのアレクサンダー ・ルスリ(Alexander Rusli)CEOは「現時点ではLoonの技術は未知数」として、同サービスにどのような形の対価を支払うかなどは決定していないとコメントしている。


(ブラジルでの実験を紹介したProject Loon制作のビデオ)

【参照情報】
Alphabet's Project Loon partnering with Indonesia telecoms for air balloon Wi-Fi test -
Alphabet's Wi-Fi beaming balloons prepare to lift off in Indonesia - CNET
Alphabet’s Project Loon to Test Internet Balloons With Indonesian Telcos - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG