LTEや5Gを利用した車両制御システムの研究開発でドコモとデンソーが協力

2016.02.22

Updated by Asako Itagaki on 2月 22, 2016, 18:09 pm JST

NTTドコモとデンソーは、高度運転高度運転支援および自動運転技術の実現に向け、LTEや5Gを利用した車両制御システムの研究開発を協力して進めることに合意した。

デンソーは、高度運転支援を自動運転技術に至る初期のステップと位置づけ、画像やセンサーなどの周辺情報で車を制御し、衝突や車線逸脱の回避、全車との車間距離を保持する先進運転支援システムであるADAS(Advanced Driver Assistance System)の基幹部品を大手自動車メーカーに納入するなどの実績がある。2016年1月には高度運転支援や自動運転の技術開発に特化した新部署「ADAS推進部」を設立し、製品開発や協業を推進する体制を強化している。通信に関しても、自動車と信号機等のインフラ、および自動車同士をつなげる車両通信技術の研究開発に取り組み、通信を利用した車両制御技術の評価・実験や、車載器の開発等を行ってきた。またドコモは自動車と歩行者の通信を含む通信にLTEや5Gを応用する車両通信の研究開発に取り組んできた。

デンソーの車両制御技術のノウハウと、ドコモの車両通信のノウハウを組み合わせて、LTEや5Gを利用した車両制御技術の高度運転支援や自動運転技術への活用を目指す。具体的には高速道路での合流、見通しの悪い都市部での交差点等での活用を想定し、シミュレーターを用いた評価や車両を利用した実験を検討する。

▼LTEおよび5G活用のイメージ(報道発表資料)
20160222-denso-docomo

【報道発表資料】
デンソーとNTTドコモ、高度運転支援と自動運転技術の実現に向けた研究開発の協力に合意

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集長。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2013年春、長年住んだ中目黒を離れて、世界一高い電波塔の近所で下町生活を満喫中。

RELATED NEWS