楽天コミュニケーションズ、通話録音サービスにWebブラウザーから再生可能な機能追加

2016.04.18

Updated by Naohisa Iwamoto on 4月 18, 2016, 06:24 am JST

楽天コミュニケーションズは2016年4月15日、携帯電話の通話を録音する通話録音サービスの「モバイル通話録音サービス」に機能を追加し、Webブラウザーで録音データの検索や再生ができるようにしたと発表した。

モバイル通話録音サービスでは、契約した携帯電話やスマートフォンに「050」で始まる番号を付与し、その番号を使った発着信の通話内容を楽天コミュニケーションズのネットワーク内に録音するもの。従来は、録音した通話データをユーザーの指定のサーバーに転送する形態でサービスを提供していた。今回発表した新機能は、通話録音ファイルの保管・検索ソフトウエア「YouWire」を提供するギークフィードと連携して提供する。YouWireとの連携により、PCへのソフトのインストールや音声データを保管するサーバーを管理することなく、Webブラウザーから録音データの確認ができるようになる。

新機能を利用すると、モバイル通話録音サービスで録音したデータはYouWireのシステムで保管される。YouWireのシステムにWebブラウザーでアクセスすることで、通話時間、電話番号、発着信別などの条件で録音データを検索し、再生することができる。

モバイル通話録音サービスは、携帯電話、スマートフォンの契約しているキャリアを問わずに通話録音ができる。このため、社内コンプライアンスの向上・強化や顧客満足度向上のために「金融機関を中心として導入が進んでいる」(楽天コミュニケーションズ)という。YouWireとの連携で、より手軽に安全な通話録音サービスを利用したいというニーズに応えるとしている。

【報道発表資料】
「モバイル通話録音サービス」の機能を強化

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS