ユビキタス、組み込みソフトからクラウドまでセットで提供する「IoT開発キット」

2016.04.21

Updated by Naohisa Iwamoto on 4月 21, 2016, 06:31 am JST

組込み機器向けのソフト開発などを手掛けるユビキタスは2016年4月20日、IoTサービスの開発を短期間で実現できるようにするための「IoT開発キット」を5月20日に提供すると発表した。IoTサービス開発用の組込みソフト、クラウドプラットフォーム、Webアプリケーションをセットにして提供することで、サービス開発を効率化できるという。

IoT開発キットは、IoTサービスの検討から商用化までの期間を短縮することを目的としたもの。具体的なセットの内容は、(1)IoT機器を開発するためのOSとネットワークプロトコルスタックが一体化したSDK「Ubiquitous Network Framework」(評価版)、(2)IoTクラウドプラットフォーム「dalchymia」(評価利用版)、(3)IoT開発キットが提供するSDKやクラウドプラットフォームに対応するデバイスの機器管理や遠隔制御、取得データの可視化を行うサンプルWebアプリケーション--で構成する。IoT開発キットで動作確認済みのセンサーやゲートウエイ機器を組み合わせるだけで、IoTサービスの試作、検討が行える。

動作確認済み対応デバイスは、センサデバイスが、「SensorTag」(日本テキサス・インスツルメンツ)、「Kibo」(マクニカ)、開発ボードが「STM3220G-EVAL」(STマイクロエレクトロニクス)、ゲートウエイが「Armadillo-IoT」(アットマークテクノ)、無線LAN対応SDカードが「FlashAir W-03」(東芝)となる。ユビキタスでは、今後、対応デバイスを順次追加することで、導入企業などのIoTサービス検討・試作の範囲が拡大できるように支援するとしている。

IoT開発キットの利用期間は1カ月(30日間)で、商用ベースのソフトウエアやサービスを低価格で試用できるという。販売価格は1セット9万8000円。利用期間延長オプションは3カ月(90日間)で19万8000円。

【報道発表資料】
ユビキタス社、IoTサービスの早期実現を可能にする「IoT開発キット」を5月20日より提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS