fanuc-ntt2-eyecatch

ファナックとNTTグループ3社が協業、製造業向けIoT活用プラットフォーム「FIELD system」は年内に運用開始

2016.07.29

Updated by Yoshiko Kano on 7月 29, 2016, 06:42 am JST

ファナック、日本電信電話(NTT)、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTデータの4社は、シスコなどと開発を進めている「FIELD system」の早期確立とサービス運用開始に向け協業を行っていくと発表した。

「FIELD system」は、「FANUC Intelligent Edge Link&Drive system」の略で、製造業の現場で使用される各種機器をネットワークで接続することの出来るオープンプラットフォーム。人工知能やエッジコンピューティングを組み合わせることで分散型機械学習を可能にする。データのリアルタイム処理による機械間協調の実現と、また集めたビッグデータの解析による工場内の課題解決が狙い。

▼ファナック株式会社 代表取締役会長 稲葉善治氏

今回の協業は主にネットワークを利用したFIELD systemの配信および開発について、ファナック・シスコ・Rockwell Automation・Preferred Networksのハードウェア・ソフトウェア技術にNTTグループ各社の技術を融合することで、FIELD systemの早期確立、サービスの運用開始とともに、デファクトスタンダード化を目指す。

NTTはこれまでに研究開発を進めてきたエッジコンピューティング技術を生かして、製造現場に配置されるエッジサーバーへの各種アプリケーション配信・管理とリアルタイムのデータ収集・分散処理を進める。NTT Comは主にグローバルICT基盤やマネジメントサービスを適用した運用管理システムの構築にあたると共に、ネットワークインテグレーターとして製造業顧客のFIELD system導入を支援する。NTTデータは本FIELD system用アプリケーションの開発を担う。

▼日本電信電話株式会社 代表取締役副社長 篠原弘道氏
fanuc-ntt2

製造業に於けるIoT技術での参画について、NTT篠原副社長は「このFIELD systemは『見える化』に留まらず、データ分析、そして次の手を打つというところまでのトータルな取り組みで、非常に先駆的なもの。ここで出た要求条件を満たしていくことで、製造業におけるIoTが非常に高いレベルに達していくと考えている」と意欲を語った。

NTTの持つ広範なグローバルネットワークを強みに、FIELD systemは海外への展開も視野に入れる。ファナック稲葉会長は「日系も含め、カーメーカー様が最初のクライアントとなり、既に具体的に進んでいる。その後、順次層を広げていきたい」と語った。またFIELD systemでの事業規模や売上目標などは明らかにしなかったものの、「数千億円の規模になるとみている」と期待を寄せる。

FIELD systemの商用化開始は今年末を予定している。リリースに先駆け、2016年8月29日にカンファレンスを開催、パートナー企業に基本仕様とAPIを公開する計画だ。ファナックからパートナー認定を受けたパートナー企業、約200社が参加する見込み。

fanuc-ntt3

【報道発表資料】
IoTにより製造・生産の最適化を実現する FIELD system の早期確立とサービス運用開始にむけた協業に合意(4社プレスリリース)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

かのうよしこ

青山学院大学史学科、東京藝術大学声楽科、京都造形芸術大学ランドスケープデザインコースを卒業。通信キャリアにてカスタマサービス対応並びにコンテンツ企画等の業務に従事、音楽業界にてウェブメディア立ち上げやバックヤードシステム開発、コンサート制作会社での勤務を経て、現在はフリーのヴォーカリスト、ヴォイストレーナー、ライター。たいとう歴史都市研究会会員。サウンドスケープ協会庭園ワーキンググループに参加。2015年より京都造形芸術大学大学院芸術環境専攻(日本庭園分野)修士課程に在籍。
http://kanoppi.jp

RELATED NEWS