IoT デジタル マーケティング イメージ

IoTによるビジネスプロセス転換で顧客体験を最大化 富士通がデジタルマーケティングフォーラムを開催

2016.10.31

Updated by WirelessWire News編集部 on 10月 31, 2016, 06:25 am JST Sponsored by 富士通株式会社

モバイルやソーシャルメディアの普及によって新しいサービスやエクスペリエンスを生み出したデジタライゼーションの潮流はついに、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)に到達し、あらゆる産業の事業モデルを大きく揺り動かしている。この状況を受けて富士通株式会社は第4回目のマーケティングフォーラム 「FUJITSU Digital Marketing Forum 2016」を開催する。

今回のフォーラムの特徴は「顧客エクスペリエンス(体験)の最大化」というテーマにある。特に、IoT(Internet of Things)が、単なるモノとモノを接続するインターネットではなく、こちらで紹介されているように、「(IoTは)デバイス同士の接続を超えて異なる組織が繋がることであり、バリューチェーンを幅広く捉えることが必要で、ビジネスモデルの異なる組織が相互依存を高めることで、組織内のみならず顧客やパートナーとのデータコミュニケーションがスムースになること」すなわちビジネスプロセスをエコシステムへ転換させていく動きであることがようやく理解されつつあるフェーズに到達しつつある。

この動きを受けて、今回の「FUJITSU Digital Marketing Forum 2016」では、デジタルテクノロジーとマーケティング戦略を融合し、顧客接点の拡大、顧客理解の深掘から顧客体験価値の向上までマーケティングの高度化に役立つ富士通及びパートナー企業による先進的な取り組みとケーススタディを提供するセッションが用意されている。

また、オープニングセッションの基調講演では中西 大介 氏(公益社団法人 日本プロサッカーリーグ 常務理事)が登壇する。Jリーグ(1993年に開幕、今年で24年めに突入)のマーケティング戦略が明らかにデジタルで変貌を遂げたこと、そしてそこでは「物語」を大切にしていたことが披露されるだろう。 スマホを利用した新たなファンの獲得に端を発するデジタルマーケティングの現状・将来が併せて語られる予定である。

■開催概要
名称: FUJITSU Digital Marketing Forum 2016
日時:2016年11月4日(金曜日)10時~17時30分(受付開始9時30分)
会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京(溜池山王)
参加費:無料 (事前登録制)
プログラム:富士通デジタルマーケティングフォーラム2016オフィシャルサイト
参加登録:専用フォームより

メールマガジン購読WirelessWire News メールマガジン

おすすめ記事を配信する『WirelessWire Weekly』と、閲覧履歴を元にあなたに合った記事をお送りする『Your Wire』をお送りします(共に週1回)
配信内容を詳しく見る

RELATED NEWS